エヴァドラ

 2016-08-13

 

 これ面白かった~

コラボ漫画もそれに声を付けた声優陣もクオリティがかなり高くないですかね。

 パロディー的のりやけど、ちょっと感動したんだけど、マジで^^

 15分あたりからドラえもんが難しい話をとうとうとはじめ、シンジ君とのびたが顔合わせるシーンがよいです。

 ぜひ全編声付きでみたいです。


  


スポンサーサイト
タグ :

フルーツモンキーの顚末

 2016-08-11

160808_1244~01

  8・9記

本日の昼食、フルーツサラダとタバコ(アメスピ)です。

  仕事で風邪をもらっちゃったようで、一昨日あたりからかなり熱っぽく、のどの痛み、鼻水などの症状が出てきました。

  で、今回直前に3,4日~一週間くらいの半断食を計画していたこともあり、急きょ、風邪ひいてる間はずっとフルーツ食にしてはたして回復度はどうなるのか検証プロジェクトとすることにしました。

 風邪を断食で治す!という猛者もいるようですが、そこまでの勇気のない僕は数日間フルーツモンキーになることにしました。

 昨日から主にバナナ、グレープフルーツ、メロン、なし、オレンジ、アボガド(こいつは実は果物に近いらしいですよ)などを主食としてだいたい一日二食くらいでやっています。
あとは具なし味噌汁と、昨夜は豆腐一丁いただきました。

 嗜好品は、カフェラテ、タバコ、風邪ひいてるのにタバコもどうかと思いますが、日に2,3本くらい。

 という感じでヘルシーさと不健康さの絶妙のバランスで、フルーツ食を実行中です。

 まあ、しかし、果物もタバコ葉もどっちも植物っすからね。
 意外と相性は悪くないかもしれません。
 少なくともフルーツの横に焼き肉やカップめんを並べるよりは、しっくりくるものを感じますが。

 現在の感じでいうと、二日目ですが、多少通常よりおなかは減りやすいけど、ひもじさはほぼゼロです。
 風邪の回復度はいつもよりやや早い気がしないでもありません。

 少なくとも栄養が足りなくて回復が遅れてる気はまったくしないですね。

 というかずっとこれじゃダメなのだろうか・・・と思うんですが。一月くらいならやれそうな気がします。
 まあ普通の断食、半断食をひと月くらいする人はたまにいるので、こんだけフルーツを毎食食べてたら、ひと月程度ではほぼ問題は出ないと思われますが。(飽きるかもしれないけど)

 僕の場合、焼き肉とか別に一生食べれなくなっても全然いいんですけど(現時点でまず食べないので)、そういうのよりも一週間に一度か二度くらいはある程度酔っぱらいたいという嗜癖の方が強くて、 その場合は別につまみはポテチでもおさかなソーセージでもいいんです。
 というか酔っぱらうと相当感覚が麻痺してきてカップラーメンでも、豚肉でも、大量に食べれますけどね。
 その場合も主は食べ物ではなく「酒」というか。

 なんかずいぶん不健康なこと書いてますが

 スイーツとかも割とどうでもいいですし、「食」よりもコーヒー、お酒、たばこなど「嗜好品」への依存度が強いなーとはいつも思うところです。まあ、でもそういうタイプもいるでしょうね。

 ところが、ここんとこそんなたまのアルコールライフにも嫌気がさしてきた部分があり、
 ちょっと長時間勤務の仕事終わりは必ず飲む、とか金曜は必ず飲む、とか介護の仕事を始めてから習慣化されていまして、もはや自分が本当に飲みたいのかすらわからないというか。
 そういう状態でお酒を飲むというのも、それはそれでアルコール様にも失礼なので、一週間ほどファスティングなどをしてクリーンで明晰なゼロ状態を体感してアルコール様との関係を考え直したいと思っていました。

 そんな時にタイミングよく風邪を引いたので、これはやるなら今でしょ!と。

 いつまでフルーツモンキーなのか現時点ではわかりません。3,4日か、ひと月か、一生か・・・
 やめるタイミングでやめようと思います。

 前も紹介しましたが、フルーツ食に関しては、この本が詳しいです。

 

 以下 8・11記

 本日、風邪ひき後五日目くらいです。

 フルーツ生活は4日目昼くらいまで継続しました。

 結果的にいうと、飽きました、フルーツ。(僕の場合ですが)。
 一月とか気が狂います。やはりモンキーではなかったようです。
 このまま続けるとケージの中で壁に頭をぶつけ始めて、飼育員さんに鎮静剤を注射されることになるでしょう。
 
 なんだか3日目くらいから、桃を食べても「またお前らか・・・ぷるぷるしやがって」という倦怠感が先に立ちやや悲しくなってきました。
 フルーツ食べてこんな気分になりたくないんですが。基本好きなのでねー

  本日の昼はフルーツはやめて、ローフード的にアボガドディップをつくり、それをサラダにのせて食べたのですが、どーも体に力が入りません。次第にどんどん厭世的な気分になってまいりました。

 ダメだ。。。明日の仕事は休めんのにこれはいかん!

 そこで

 夕食はゴボ天そばを思いっきりすすりこみ、納豆をかきこみ、あぶらげ入りの味噌汁をしみじみ飲んで、人間である幸福をかみしめました。(ゆうても淡泊ですけどね、あ、セブンのから揚げ棒も一本食べた)

 フルーツ生活、ちょっと期待してたんですけどね、劇的な浄化が起こることを。

 ただ、モンキーの間、肌は若干きれいになり、アトピーはやや軽快し、お通じはずっとよかったです。

 これで飽きなくて、かつエネルギー感が伴えばもっと継続してたでしょう。なんにしろ風邪ひきだったので、元気な時にもう一度やってみてもいいですが。まあデトックスにはなったかな、お酒も飲まなかったし。

 ↓図書館で借りたローフードの本も、なかなか面白かったんですが↓

 



 なんですかねー食事かえると、どうもメンタルのバランスが崩れやすい気がするんですよね。 

 秋冬に冬季ウツ気味になりやすいことから考えると、
 セロトニンなどが欠乏しやすい体質なのかもしれません。
 タバコも脳内物質の量を調整する作用があるという説もあるので、だから長い付き合いなのかも。

 ナチュラルハイジーン(↑に貼った「フィットフォーライフ」で詳しく紹介されてます)や、ローフードなどの情報を精査しちょっとひっかかっていたことなんですが、もしかして、万人に向いてるわけではないかも、そして自分あんまり向いてないかもという疑惑というかがありまして。

 そのひとつの理由というのが、アーユルヴェーダの考え方ですね。

 アーユルヴェーダでは体質を3タイプくらいにわけますが、それぞれ向いてる食事、向かない食事があるんですよね。

 たとえば、生野菜はピッタ(火)にはいい食事だけど、ヴァータ(風)にはよくないとかそういうのがあるんですよ。 

 アーユルヴェーダの体質チェック

 で、僕はおそらく典型的なヴァータタイプでして、アーユルヴェーダ的にいうと生野菜よくないわけです。

 ヴァータはスープ的なものとか、オイリーなもの、あたたかいもの、玄米、鶏肉などがよいらしいです。
 風のエレメントの持つ落ち着きなさや不安を鎮めてくれる食材です。

 アーユルヴェーダ的な見方でいうと、「酵素、水分をたっぷり補給するために生野菜、果物を中心に食べる」というナチュラルハイジーン、ローの考え方は3タイプすべてにぴったりくるわけではないことになります。(ピッタ体質には悪くないかも)

 まー結論を急ぐつもりはないんですが、万人に適したスーパー食事法がある!!てな感じよりも、「みんな違う」ってことをベースにして個々にあったスタイルを見つけるという方向性の方がビンゴかなー、少なくとも自分的には好きかなとは思います。やっぱりこの分野においても、外にある権威とかメソッドに100パー従うのではなく、自分で体の声を聴いて、自分を知るというそういうことが大事になってきてる時代ではないでしょうか。 

 そんなことを考えさせられたりした、フルーツモンキーの日々でした。 




タグ :

ルベド (赤化) Susumu Hirasawa

 2016-08-10

 


 

平沢進さんの曲はすごく中毒性あります。

 あれ・・・前も同じこと書いたかな・・・

 この方宇宙人ですかね・・・なんかそういうかなりぶっとんだものを感じるのですが。

 そろそろアルバムを購入した方が良いんだろうか。

 ↓こっちも良かった↓


 MOTHER



夢が教えるあの道をたどり
 遠く帰ろうこの世の果てまで
 胸に宇宙を遊ばせて歌えば
 夜に命の波たてて応える
 テラを抱く 母の声

 千の日を越えむかえた朝なのに
 雨に凍える姿を見るなんて
 マーチが聞こえる宇宙からMotherの
 胸に憩いと命をたずさえて
 春のように海のように

 Oh mother Oh mother

Oh mother Oh mother

夢が教えるあの道をたどり
 遠く帰ろうキミを今日むかえに
 胸にMotherの呼び声は聞こえて
 いつか会えると宇宙の子らとして
 春の陽に ゆるされて

 Oh mother Oh mother
  Oh mother Oh mother
  Oh mother Oh mother
    Oh mother Oh mother 





 これも超いい

バンディリア旅行団




タグ :

ポケモンGOはやった方がいいのでしょうか?

 2016-08-05
  


  いや別にどうでもいいんですが

  個人的にはガラケーなのでやれません、以上・・・なんですが。

  基本的には19歳の頃ゲーム自体を封印して以来、プレステなどの家庭用TVゲーム、PCのゲーム、携帯のアプリなども含めてほぼやらない生活をしています。

  まあ、それまではファミコン(最初のマリオブラザース)から→スーファミ→プレステの初期に至るまで結構ゲームは生活の一部というか主な楽しみでした。

  ドラクエは友人と早朝から並んで買いましたし、FFシリーズは6くらいまでハマったでしょうか。
  ストリートファイター2では主にソニックブームを出すアメリカ軍人の使い手でした。
  名前なんだっけ?そう、あのサマーソルトキックするやつです。




  ですが、18の頃大学生になり一人暮らしを始めるにあたり、ゲーム機は「もういらんか」と思い実家においていきました。

  その流れで、およそゲームと名のつくものはほとんどやらないし、数年前に対戦型テトリスにちょっとハマった時期があったくらいです。いや、これ別に上から目線で「俺、ゲームやんないぞ、すげーだろ」と言ってるわけじゃないですよ。

 YOUtube で最近のFFの最新作なんか見ると、本当にハリウッド映画みたいでキャラは喋りまくるし、時間を忘れて見入ってしまうくらいですが。いやーこんなん出回ってたらハマって当然だよねと思うというか。



 僕がやってた頃はこんなでしたねー、FF5は面白かったです。

  

 だから上から目線ではないんですが、18の頃ゲーム機を放棄してよかったと思う部分も確かにあり。どんだけFFのCGがすごくても、動画で見るだけでいいかと思い、自分がゲーム機を買おうというモードには決してならないわけです。

 ちゃんと就職して理学療法士して毎日働き、もう二人の子供のパパである昔の同級生とかは今でも、割とヘビーなゲームユーザーだったりします。彼とは一緒に学校をサボってよくゲームしてましたっけ。彼はこの前一緒に飲んだ時、最新のドラクエはオンラインゲームになってることを教えてくれました。

 そんな感じなのでガラケー、ゲーム癖なしの僕はもともと「ポケモンGO」とは接点がないのですが、 

 となると勢い、こういう流行には自然と批判的になる傾向もあり、「なんか気持ち悪いねー」とは思っていました。

 なにが気持ち悪いかというと、リアルとゲーム世界が融合していて、リアルをゲーム世界のレイヤーで眺めて歩き回っているという人がたくさんいること、そしてこの傾向性のゲームはもっともっと発展していく可能性があるということです。

 「これは陰謀だ」とかなんとかいうのも簡単です。
 でもですねーやっぱりそういう自分の思考反応に抵抗したい部分もあり、 あるラジオ番組できいた「ポケモンGO」をやって引きこもりを脱した人がいるかもしれない説には、ちょっと「そうかも」と思い、肯定的イメージをやや意識的に持とうとしたりもしています。

 この前仕事で障害者センターに行ったとき、面識のない、おそらく知的障害か、精神障害の女性の方がいきなり近づいてきて、「ポケモンGOやってる?」と尋ねられました。

 「やってないです。」と答えると、「よかった、やらないほうがいいよ、やってもいいけど」と言って去ってゆきました。 

 僕の感覚的なスタンスもこれでしょうかね。

 独立系メディアビデオニュースドットコムの、800回記念トークで、学者の宮台さんが後半部分ポケモン現象について語っているのが面白かったです。地球が終わるくらいの大問題らしいです!大変だ~~((((;゚Д゚)))))))25分10秒~あたりからどうぞ

  
  

 なんでも「ソラリスの海」などの作品でSF作家として有名なスタニスラフ・レムは、未来に社会がどんどんクソつまらなくなってきたときには「拡張現実」にみんなが夢中になるだろうと予言していたようです。




 拡張現実はバーチャルリアリティのようなものでしょうか。

 ポケモン現象はこの「拡張現実」のさきがけなのではないかと。

 で、この宮台さんがトーク相手の神保さんに「じゃあ、宮台さん、ポケモンはやったほうがいいですか?」と尋ねられ

 「やったほうがいいですよ」と答えていたのが面白かった。そっちかい!と思って。

 基本的に、まったく肯定的ではないんですが。

 なんだろうなー「やったほうがいい」「やらないほうがいい」って、いう二択自体があえて表層的な問いを選んだんだと思いますけど、どちらにしてもそれぞれの深さがあるなと思いますね。

 どれだけのものをその現象の中に、そして社会とのかかわりの中で見ているかという。

 しかし、拡張現実は物理的現実がある程度安定的でないと成立しないですね。

 いくらマトリクスの中で夢を見せられていても、3・11のような事態になると眠りは妨げられざるを得ない。

 僕としては気候変動などをはじめとする物理的現実の急変のため、今後拡張現実が急速に発展して、それに多くが飲み込まれるという事態にはならないのではないかやや期待をこめて思っています。まあ、バーチャルに夢見る余裕がないほど生きるのに汲々とする世界は、それはそれで困るんですが。
  



  
タグ :

階名と音名と「さくら」 耳と声日記②

 2016-07-29

  7/24記

  なんらか変な気候であまり体調よろしくないですが、本日もヴォイトレで横浜へ行ってきました。
  季節外れの涼しい~風と久しぶりのMフレアにやられてる感じがするここ二三日です。

  7/26追記 (なんだかいろいろと不穏な事象が続いていますが、ここまでくるとどうも太陽フレアだけで説明するのはちょっと無理がある気がしますね。体調崩してる人も多そうですし。去年はもっと太陽活動活発だったわけですが、今年のこの荒れた感じはなかった気がします。なにかわからないですがX要因があるのではないだろうかと。もうひとまず黒点は消えたし、このへんでおさまれば太陽が原因だったのかもしれないけど。不穏な事象についてはこの辺にして、以下はのんきなボイトレ日記)



  前回は、『音階と階名が違うのはわかりますか?』と先生に質問され。。

  「えーと、えーと」と考えた末 「わかりません。」と言うと

  「残念!」とギター侍(なつかしいです)のように切り捨てられました。

  どうやら階名というのは固有名詞であり、C(ド) D(レ) E(ミ) F (ファ)G(ソ) みたいなものです。

  そして普通の楽器キーボードにはだいたいそれらが5組集まった、5オクターブくらいはあります。
  
  なのでC D Eだけだとわからないのでそどの前に low mid hi hihiなどの記号をつけてどのオクターブかを表しています。

  (男性ヴォーカルでふつう使うのはlowの後半~ hiの前半)くらいの3オクターブくらいだと思います。

  ちなみにドレミの歌などで、普通のキー設定で歌う時の ドーナツの「ド」はmid1C

アルファベット表記の場合、Aは「ラ」音から始まるので、そこがオクターブの変わり目ともいえます。 

  これが音名。LowC とか、HiC(出ねえよ)とか mid2 F♯(ちゃんと出ないかも)とかですね(↓画像検索より拝借↓)

  scale.gif

特殊なトレーニングをしなくても、mid1~ mid2前半は楽に出せる人が多いのではないでしょうか。(←男性の場合。女性は、mid1後半~hi前半くらい?)

 僕は多分、前チェックしてもらった時は、mid2G~hiAくらいまで出たんじゃないかなーとは思うんですが、これ一瞬出ただけなので、全然歌には使えない声です。

  Bzとかのサビになるとだいたい、最高音部がhiA hiB hiC超えもありますが、なので、Bzなんてカラオケでは3~4♭しないとまったく声でません。

  もともと地声は低音だと思いますが・・・

高低差が大きい、ラルクの曲などは♭させると低音部がうめき声みたいになって困ることもあります


  で、階名なんですが、階名というのはドレミファソラシドのことなのですが。

  ここで僕は驚いたのですが、このドレミファソラシドってのは 通常のドであるCから始まると限ってるわけじゃないんですね。。。

  どうも階名というのはドの音をC以外に移動させても成り立つ音の連なりということのようで(移動ドというらしい)。。。

  たとえばド音を通常のレ♯(mid1 D♯)にとるならばそのドレミファソラシド(音階)は 音名でいうと  

  mid1D♯(レ♯) mid1F(ファ) mid 1G(ソ) mid1G♯ (ソ♯) mid2A♯(ラ♯) mid2C(ド) mid2C(ド♯) 

という並びになります。まあつまり、それぞれ音と音の間のインターバルが通常のドレミと同じならば、すべてドレミとみなすという考え方で、だから階名としてのドレミは、どの音で始めることもできるわけですね。

 やーこれ、音楽を少しされた方には常識かもですけど、結構目からうろこでした。

 だってすごくないですか?どの音からでもドレミを始められるって。

 なんか知ってる人には、「あたりめーだろ」と思われ、音楽に興味ない人には「どうでもいい」という感じの報われない記事を書いてる気もしますが。まあ、復習的に書いてますので、自分用に、はい。適当に読み飛ばしてくださいませ。

  整理すると音名(固有名詞、絶対的)
  
  階名 (相対的)という感じでしょうか。

  で、ですね~その音名と階名の違いを知ったうえで、やった練習というのが 少しづつ音程を上げながらの階名のインターバル練習でした。

 具体的には ド~レ~ド~ミ~ド~ファ~ド~ソ ド~ファ ド~ミ ド~レ ド とソまで音階をあがってゆき、また降りてくるというエクササイズです。

 これはただ単に音程をとるというよりも 各インターバルの表情をしっかりだせることが重要らしいです。

 ド~レ とド~ミ の違いですが これを発声体感やら、呼気圧やらでしっかり認識できるということが目標ということで。

 ヴォイトレ先生はこんな風にも声を出していました。

 「長二度~♪ 長三度~♪ 完全四度~♪ 完全五度~♪」 

 これ何かというと ドとレ ドとミ ドとファ ドとソ それぞれのインターバルの距離を言うんですね。

 具体的にいうと半音が二個入ると 長二度(ドとレ) 半音が4個入ると長三度(ドとミ) 半音が五個入ると完全四度(ドとファ)・・・となるそうです。それぞれのインターバル間の音の個性を表す名詞でしょうか。

 この各インターバル間の固有の表情をうまく描けるかどうかということが、ヴォイトレ先生曰く歌のうまい下手のひとつのポイントだそうです。
 
 これをチャクラでいうとこんな感じです

 長二度(ムラダーラ→スワディスタナ) 長三度(ムラダーラ→マニプラ) 完全四度(ムラダーラ→アナハタ)

 なんで急におチャクラが出てくるのか。。。だってあれですよ~

 音階もチャクラも7つじゃないですか~。しかも黒鍵盤(半音)入れると12個、すごいですよね~なんか。
 12音であり、12使徒、12か月、12支ですよ。
 まさしくこの世界は7と12に支配されてきた。

 ド~シの間には通常黒鍵盤で半音がはさまれてますが、黒鍵盤がないのは、ミとファ シと次のドの間のみなんですよね。
 これは何を意味するのか

 ミとファっていうのは、つまりマニプラ(自我中枢)とアナハタ(ハート中枢)の間ですね。
 シとドてのはサハスララと、次の宇宙、あるいは次のルートチャクラとの間です。
 どうも連続性が途絶える、飛躍ポイントという気がしないでもないですが。

 まあ、この辺でオタクな話はやめておきまーす。
 
 すべての世界にこのようなフラクタル性があるのは当然と言えばたぶん当然なのでしょうが。


 本日は先生に「M君はまだまだ音程がすさまじいからね(-∀-)」と言われてしまいまして、す・すさまじい・・・はは。

・・・・えっ!つまり剛田たけし並みだと!!(誰も言ってない)

 キーボード買ったのでこれで遊びながらちょっとづつ音感を鍛えていきたいと思います。
 もしかするとまったく才能ないのかもしれないんですけど、僕。音楽の(笑)
 でも、そういう分野だとある種謙虚になれるというか、経験値ほぼゼロなので失うものがないのがいいです。
 それに底が深くて、面白い世界です。
 剛田たけしクラスでも、面白いと感じるうちは続けていきたいな~。
 土管の上から殺人音波を浴びせられるのびた君やスネ夫には迷惑な話しですが。

 まあなので人前で歌うのは聴いた人が嘔吐、めまい、短期記憶の消失などの症状が出ないことを確認してからにしたいと思います。 


 やーでも音をとる、というよりも各インターバル間の表情を知るという考え方は新鮮でした。今後意識して練習したいと思います。

 あと50音調音をしてる時大変興味深いお話も聴きまして、なるほどーと思いました。

 課題は今回は、や行 わ行 ら行でした。

 や行とわ行は接近音というらしく。これは「や」なら「い」と「あ」を連続的に発声して出る音だからだそうです。「わ」なら「う」と「あ」ですね。どうしても「や」というのが一文字なので単音で「や」というものがあるのだと脳は認識しているので混乱します。実際は、調音の発声的には高速で結び付いた「い」と「あ」らしい。

 で、「を」は「う」と「お」ですが、これにからんでの話しです。 


 「(うぉ)の音は発音されなくなってきているのでこの数百年で消えてしまうのではと言われていますけど、そういうのも歌では正しく残すというのが大事なので・・・

 昔は四つ仮名っていう文字とかね、古い文字の芸人さんのよゐこの「ゐ」とかね、ああいう文字はそれぞれの音がしたんですよ。

 そういう発音がなくなったでしょ?


 灰「あぁ・・・区別があったんですか」

 「もちろん。

 でも昔は音声を残す機械がないので、どういう風に音を鳴らしていたかは定かではないですけどね、違う音の鳴らし方をしていたのね。私たちがおとをを鳴らしかえられるようにね。同じように「ぢ」と「じ」は違う音がしていたんですよ。
 そういう風に「を」の音も表記だけ残って数百年後の子たちは「これ昔は違う発音だったよ」ていうことになるのかもしれないですね。

 でも歌の中では残しますから、逆に「お」の音を「うぉ」と発音する場合もあるんですけど、私それ嫌いだから、なぜなら接近音は母音二つでさっきの鼻音の音(ま行 な行)よりもマーカーが濃いいんですね。

 二重で音を乗せるので、もっとも響きとしては強いんですよ。だから弱い呼吸の人でも比較的響く音なんですね。

 だからみんなで声を合わせようとする音、「ヤー」とか「イエ~」とか「うぉー」とかっていうのはみんな接近音で鳴らすんです。

 そうするとみんな体に声が響いて、強い声が出るから。無意識的にどんな音が鼓舞されるのかとか、っていうのを知っているんですよ。そういう風に理にかなっているんですよ<。」


  「ら行は口の中で舌を前にはじいて発声して、そのためひるがえるようなイメージがあるので、さくらの「ら」はこの音を使うんですね。

 日本人は見たもの感じたものを言葉にしていますから。

 ひとつひとつの音に重さがあったり、湿り気があったり、軽さがあったりするのね。

 だから「さくら」という音には、「さ」には風の音があり、「く」には軽さがあるんです、カ行だからね。カ行は乾いている音なので。

 で、「ら」はひるがえる、動きのある音なので、、だから日本人は桜を「さくら」と呼び続けたから、散る時が美しいと感じるんですよ。
 Cherry blossomと呼んでいたら、私たちは満開の時にしか美しいと思わなかった・・・・のかもしれないです。でも「さくら」と呼び続けたから日本人だけが、桜は散る時が美しいと思っているのね。

 音が与えた影響だよ
。」

 この話を聴いて、なんか感動しました。
 確かに「さくら」という響きには、風があるし、ひるがえる花びらがあるなと。無意識的にはわかってたことだと思いますが。あらためて気づいたというか。「か」行は舌先をあまり口蓋につけないので乾いた音、「た」行は舌先をよりつけるので湿り気があるそうです。そう考えると、「からから」にのどが渇く、とかはちみつが「たらたら」垂れるとかいう擬音語も必然性があるのでしょうか。

 言霊という言葉が日本にはありますが、言霊の最小構成要素がこういうそれぞれの単音の個性で、つまりはそれぞれの発声の方法なのかもしれません。




タグ :

Plaisir d'amour ~愛の歓び~ Kathleen Battle

 2016-07-22


  有名な曲ですが、この方のバージョンはかなりからだに響きます。

  


  この曲自体はJudy collins というアーティストのアルバムで知りました。
ボブディラン、ビートルズ、ジョンデンバーの「カントリーロード」、アメージンググレイスなどがカバーされており今でもよく聞くアルバムです。

 



 Judy colins のビートルズ「In my life」




 Judy colins の「アメージンググレイス」

 

 僕が大好きな曲「Rose」のカヴァー・・・あ、なんかJudiy colinsばっかりになっちゃった

  





  
タグ :

わけのわからない話し

 2016-07-16
  ちょっと最近奇妙なことが続きましてねぇ・・・(今回は稲川淳二風に)

  この前の日曜日くらいでしょうか。炎天下歩いていますと、通りの向こう側をこちらに背を向けてチャリで走っていた年配の男性がゆっくりと倒れて、車道に頭を突き出した形で横たわってしまいました。

 反射的にからだがそっちの方へ向かいましたが、同じように近寄ってきた人たちが何人かいて・・・声をかけたり、救急車を呼んだり、だれが指示するわけでもなく、それぞれ役割をこなしていて、僕は結局何も手助けができず、倒れた男性を取り囲む数人の輪の一部でしかなかったのですが。

 幸い年配の男性は意識があり、自分で体も起こせてそれほど危ない状態には見えず。
 僕はその見知らぬ人同士の見事な連携に少し、心を動かされていました。

 しかし駅から電車に乗ってどこかにハイキングに行こうと思っていた、そんな気が急激に失せて、「いやそんな浮かれたことをしてる場合ではない。帰ってブログを書こう。」(なんでだよ)と思ったのでした。

 でですね、ハイキングは翌日に行きました。

 といっても青梅のあたりを数時間歩き回っただけですけど。
 ハイキングコースの山道を歩き、通りがかった神社にお参りして、暑かったけど割と気持ちよかったんですよね。

 ところが帰り道、

 地元の駅で降りて自転車に乗って家路をたどっていますと、

 僕は道路右側の歩道を走っていたのですが、向かい側の車線を走ってきたタクシーが路肩に突っ込み何かにぶつかったのか激しい音がして、部品が結構近くに飛び散りました。タクシーは止まらずにそのまま走って行きました。

 「う・・・・うは~~~」みたいな感じで一瞬茫然自失。

 見ると歩道にドアミラー、ドアミラーの破片、タイヤのホイール部分の一部などが飛び散っています。

 いったいどういうぶつかり方したんだ。

 一瞬走り去ろうかと思いましたが、「これ、ちょっと数秒ずれてたら死ぬか大けがしてたんじゃないか?」と思い、と同時に止まらずに走り去った車にも憤りを感じ始めまして

 「これはあかんやろ・・・」と携帯から110番通報したんですね。

 10分後くらいに警官の方がやってきて、ひとおり事情を説明し・・・そんなことをしてる間に運転手が確保されたらしく現場にやってきました。事情を聴かれて「ちょっと下向いてたら、ぶつかってた」、みたいなことを言ってる。いやいや運転中下向くなよ、てか寝てたんだろと。僕は本能的にえらくむかつきまして運転手を軽くにらんで「すっごい怖かったんですけど」と言いました。 

 チャリで再び家に向かいながら、二日連続で変な現場に遭遇したことが気持ち悪くなってきました。

 しかもですね~年配の男性が倒れたポイント、タクシーが事故ったポイント、100メートルか200メートルくらいしか離れてないんですよね。その周辺で二日続けて救急と警察が呼ばれている。しかも、その両方を僕は目撃している。もしかすると、一日目も僕が救急にかけてた可能性はありました。

 いつも事件に遭遇する金田一少年や名探偵コナン、いつも怪奇現象に遭遇する稲川淳二さんはこんな気分なのでしょうか。

 これを読んでるみなさんなら、こういう時どんな風に解釈するでしょうか?

 不気味に思いながらも、師匠にみこころを読み解くことを教えられているので、自然とこの現象にはどんな意味があるのか?と考え始めます。

 青梅(の神社?)‐救急‐事故 とこの3つのイベントは連動しておりまして

 急病を見た初日に青梅に行ってれば おそらく二日目の事故には遭遇しなかったでしょう
 そんなに毎日駅前に行くわけではありません。
 でも青梅に行くのが二日目になったのは、急病の方を見て気持ちが萎えたからでもあるのです。
 イベント同士が量子的にもつれています。
 
 いろいろ考えますが、

 ひとつ思ったのはさっきの駅中のお蕎麦屋さんでの出来事でした。

 券売機で前で食券を買ってたおばあさんが妙にもったらもったらしてまして。
 「おつりが出てこないみたいなんですけど????」と尋ねられて、「あーここ押すんじゃないですかねー」みたいなやり取りをしてたんですよね。結局、お金をちょうど券売機に入れてたので、おつりでるわけなかったんですが。「あらーごめんなさい。ありがとうございましたー」と何度もお礼を言われて。

 で、思ったんですよね。あそこでの微妙な時間のズレのおかげで事故に巻き込まれなかったのかもしれないと。

 もちろん、そんなこと実際は全然関係ないかもしれないです。
 でも、なんだろ、すごく紙一重の時間差で僕らは生きてるのかもしれないし、紙一重で誰かに助けられてるのかもしれないと。
 おばあさんの勘違いみたいなことが、誰かを助けている。
 その可能性はあるかなと。

 いやーしかしね。それ教えるために、神様、こんなドッキリしかけますかっていう部分はあるんですけど。 

 神社二社もまわった直後っすよ・・・・

 もうひとつは、「注意喚起」というか。

 ちょっと気を引き締めておけよ、的なメッセージなのかなとも思うんですが。

 何かと世間と世界もざわざわしてるここのところですが。

 あと現実創造派に言わせると、「その事件はあなたが創造したのです」とかなんとか言われちゃいそうですけど。

 してねーよー 俺じゃねーよー 信じてくれよー刑事さん(笑) 

 結局よくはわかりませんでした。 はい。

 ただこれはやはり偶然というには無理があり、僕自身か、何か集合意識的な作用か、神か変なものか、なんらかの「意識作用」が働いてないとこんな連チャンは起こらないと思うんですよね~。

  以上、わけのわからん話でした。



 
タグ :

逆さまの蝶 ~狂気と不確実さの中で~

 2016-07-14



  今週の好きな歌。

  前にも貼ったような気がするけど、アニメ「地獄少女」のOPテーマで

  歌詞の中でよく出てくる iIn this craziness ,Uncertainty(この狂気と不確実さの中で) という言葉が 

  昨今の時代状況と相まって 響きます

  地獄少女が毎回おしおきの時に言う「いっぺん死んでみる?」は流行語大賞にも選ばれましたね(嘘)。




  課題曲にしようかどうか考え中

  ↓アニメは一番のみですが↓

  


  In this craziness , Uncertainty

一人一人の思いを僕らはどこかに残せるだろうか

  In this craziness , Uncertainty (この狂気と不確実さの中で)

  ひとつの思いを僕らはどこまで守れるだろうか

  In this craziness , Uncertainty (この狂気と不確実さの中で)

  一人一人の形を僕らはどこかに残せるだろうか

  In this craziness、you gave me life (この狂気の中で 君は僕に命をくれた)

ひとつの思いを僕らはどこまで守れるだろうか


  In this craziness , Uncertainty

一人一人の思いを僕らはどこかに残せるだろうか

  In this craziness , Uncertainty  一人一人のあこがれ

  In this craziness、you gave me life  ひとつの輝き

  In this craziness , Uncertainty  一人一人のときめき

  In this craziness、you gave me life ひとつの感動  

  In this craziness , Uncertainty  一人一人のまなざし

  In this craziness、you gave me life  ひとつの偶然

  In this craziness , Uncertainty  ひとりひとりのぬくもり

  In this craziness、you gave me life  ひとつの約束 ・・・・・・・・・・・・・

  

  カラオケで歌うときは、キーコン3~4♯のオク下で歌ってます。

  ↓以下はテンポを速くした男性ヴォーカルの方のカヴァーバージョン↓



  ↓チャイニーズガールズのデュオバージョン↓  





タグ :

Radio update 7/10 空間把握と文明、身体イメージ

 2016-07-10
    


  夜勤明けのやや朦朧とした頭で、空間把握力と身体イメージの関連性について思うことを話してみました。

  ↑の録音をしたとき、身体イメージというものに対してそれほど深く考察したわけではありませんでした。

  ただ、脳の中におそらく自分の肉体のイメージというものがあり、それはおそらくスポーツをしたりヨガなどの身体操作エクササイズをすることにより洗練されていくのだろうという程度でしたが・・・

 その直後にボディマッピングという言葉で、このことを説明している本と出合いました。





 DVDブックですが。

 ボディマッピングの考え方では、不正確なボディマップを脳に持っているということが、からだの痛みの原因にもなるそうです。

 まあ、スポーツだとか、演技であるとか、歌唱であるとかに影響があるのはもちろんだと思いますが。

 具体的に不正確なボディマップとはどういうものかというと、解剖学的な骨格・関節、臓器の位置、大きさ、構造などを完全に誤解して認識していることで、これは文化的な条件付けによっても起こります。

 たとえば洋服では「ウエスト」が上半身と下半身をわける部分になっています。

 しかし、実際は股関節が人体の上下をわかつ部位だそうです。この「ウェスト」のイメージに惑わされて、前屈をする時でも股関節からじゃなく腰骨の上あたりからからだを曲げちゃうということも多いかと思います。

 たまに電車の中で、完全に骨盤を寝かせてウエストあたりですわっちゃってる人もいますよね。

 まあまあこれまだ、よくある誤解ですが、僕ちょっとびっくりしましたのは・・・・

 えーと実は 親指の関節が3つだということです。

 手の甲から親指を見ると、ふたつの関節は容易にわかります。親指の爪の下にひとつ、そして、その下のひとつ。

 が、これ根元じゃないんですね。その下を手でさぐっていくと、もうひとつぼこっとした関節のくぼみがあり、

 な・な・なんとここが親指の本当の付け根。第三の関節のようです。
  
 ぎゃー知らんかった。若干気持ち悪いんですけど。こんなとこが実は動いていたなんて。

 第三の関節

 「第三の男」とか「第三の選択」とかそういうレベルの衝撃が走りました。


 

↑あまり本気にしないでね  → 第三の選択 WIKI

 あと、これは驚いたというよりも、それ通り越して若干イラッとした事実ですが。

 手のひらから見て人差し指~小指それぞれのしわが3本あります。

 さあ、指の関節はどこにあるのでしょう?

 上からひとつめのしわ、ここは曲がる。てことは関節ありです。

 上から二つ目のしわ、ここも曲がります。

 ところが3つめのしわ・・・ここ曲がんない!!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

 なんと、ここって関節の位置じゃなかったんですね

 では関節の位置はどこかというと、手の甲から見た方がよくわかります。

 説明するまでもなく、こっちから見るとどこで曲がるか間違いようがありません。

 手の甲の第三関節から曲げて、手の平側を見ると・・・・

 3つめのしわ、全然、曲がってないじゃん!!!( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!  おいっ!!お前はいったいなんなんだ!!

 本当にある種このしわにずっと騙されていた、詐欺被害者の心境になりましたよ。チクショー騙されてた!!みたいな(言い過ぎかな)でもそれぐらい、驚き、笑ってしまいました。

 騙されてたの?僕だけ?ほかにも、きっとたくさんいますよね被害者の方・・・
 これは被害者の会結成したほうがいいと思います。

 まあ、解剖学を学んだお医者さん、理学療法士の方など、知ってる方には常識かもしれないですが、これ結構びっくりでした。

 手だけでもこうなんですから、僕らが誤解している構造は体中にたくさんありそうです。

 で、こういうのを適宜修正して正確で緻密なボディマップを脳内につくることを、ボディマッピングというらしい。

 トークを録音したあといいタイミングで、情報が入ってきたのでこれも勉強しておこうと思います。

 




タグ :

Glad You Came

 2016-07-06

今週の好きな歌。

↓ ボイトレ先生のコーラスユニットで知りました。↓

 

 ↓元歌↓



LIVE




タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫