スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

不食とPurification、アンインストール。


 先月このアニメを観たけど、そのテーマソングがとても印象的だった。




http://www.youtube.com/watch?v=Frn0zv57YEc&feature=related


 アニメ「ぼくらの」は『ココペリ』という謎の男の企みによって、地球の運命を背負って戦うことになった中学生たちの葛藤のドラマを描いている。
 敵キャラのデザインが「なにこれ?使徒?」(笑)と思わず言ってしまいそうになる、エヴァには当然影響を受けてると思われるがまたちょっと視点が違うところで展開されるストーリーは面白い。

 話しが面白くなってくるのは、これが地球の存亡ではなくひとつの宇宙全体のサバイバルを賭けた、パラレルワールド間の戦闘である、ということがわかってからだ。そしてそれは似通った可能性の宇宙を「間引く」ためにおこなわれる。

 このゲームを開始した「支配者たち」という存在を少年のひとりが幻視するのだが、彼らは真っ白な服を着ている普通の人間だが、「奴らはあまりにも大きすぎて、、遠すぎて、、届かない。」と少年は言う。僕はこのシーンがなんともサイケデリックで一番好きだ。というのはなんかその白服の支配者たちが、巨大な存在を観た彼の心が変換したイメージだと言うことをうまく伝えてくるからだ。

 そんなこともあり、結構面白い話しだけど、テーマソングの「アンインストール」はどういうことを意味しているのか?普通に考えたら、プログラムを消去する、つまり、消え去った宇宙や彼らの命のことを言ってるのかもしれないが・・・「アンインストール」が持つ意味が少し気になってきた。

 ♪あの時最高のリアルが向こうから会いに来たのは
  僕らの存在はこんなにも単純だと笑いに来たんだ♪



 人間は食べなくても生きられるという人がいる。
 実際去年は水も飲まず生きるインドの聖者がマスメディアに登場して話題になったりもした。
 僕が思うに、こういう人はすでに、というか昔から無数にいる。
 そういう意味では別に珍しくはない。
 日本で有名なのは長南年恵(ちょうなんとしえ)だろうか。
 24年間不食で、様々な物質化現象なども起した。
 世間を騒がせ裁判にかけられたが、裁判中裁判官の要請に答え、密閉された瓶の内部に液体を出現させたという。長南年恵のケースは記録が残ってるけど、ひっそり生きた不食の人というのはそれこそ無数に存在したと思う。

 最近、『不食の時代』という映画が公開され、一部で話題になった。 

 映画のキャッチコピーは  食べないという人生も面白い。




http://www.youtube.com/watch?v=fsxug-12fz0&feature=related


 この中で「甲田メソッド」という生菜食療法で難病を克服し、1日1杯の青汁の生活を続けている鍼灸師の森美智代さんという女性が紹介されているらしい。摂取するカロリーはなんと一日80キロカロリー。女性でも普通は1500カロリー以上を摂取することを考えると、ほとんど食べてないに等しい。

 映画を是非見て見たいと思ったけど、生憎関東での上映は先月終了したようだった。

 不食、について調べたくなったのは「俺、今腹減らないのに食ってるよね?」と思うときが頻繁にあったからかもしれない。あと、なんつーか一日3食食べるのがめんどくさい。そんないらんと思うんです、実際。でもなんとなく時間が来ると食ってる感じが自分でイラッとした(笑) 

 ということでプログラム『昼飯』をアンインストールしてみることにした。
 だいたい休みの一日をこんな感じにしてみた。

 朝:おにぎり一つ みそ汁 ピュアシナジー コーヒー

 昼:青汁 1杯

 夜:きつねうどん

 昼から夜にかけて、さすがに積極的な空腹感を久しぶりに感じた。でもまあ、腹へってしょうがないと言うことはないか。むしろちょっとハイになる。

 これからは一日2食くらいで、腹減った感がない時は食うの止めようかなとちょっと思った。

 昔から小食で、169センチ、52キロくらいなのでBMI測るとだいたい「やせすぎ」になる。もっと食った方がいいのかと思っていたが「食いすぎ」の可能性は視野になかった。というのは「甲田メソッド」では一日一食にした人が長期的には体重が増えると言う現象も見られるらしいのだ。

 まあこれで40キロくらいになったらさすがにヤバイか・・・と感じると思うが、実験的により小食でやって見ようかと思った。週一で断食とかもいいかもしれないが。なかなか「食わない」というのは面白いかも。やっぱすっきりはするね。これがんがんやるなら僕は青汁ではなく、ピュアシナジーを応用しようと思う。

 そういえばプログラム『テレビ鑑賞』をアンインストールしたのはまったく後悔してないし、いまのところ欲しくもない。電気屋さんいくと3Dとかあって、「おー飛び出してる!すげ~」とは思うけど、別にいらん(笑)人によって違うと思うけど、僕はテレビがないほうが楽しい。というのは頭が、娯楽的思考を以前より出してくるからだ。それを観てひとり笑ってることもある。アブねー・・

 思考情報っていうのも、一端遮断すると頭がおなかが減ってくるので、そうしたら必要な情報が入りやすいような気もする。外から入ってきたり、思いついたり。お腹へってないのに詰め込んでると食に対する感性がおかしくなるのと同じことが情報についても言えるんじゃないだろうか。
 
 結局何事も空(から)というかゼロの状態を体験し、そこを基準点としていろいろやることが大事なのかも。
 お腹も、頭も、からにする。
 食べない。
 携帯も、パソコンも、テレビも切る。
 部屋のゴミを捨てる!
 そんなことで以外と調子が良くなる。

 自分が大事なことがなにかも思い出す。

 アンインストール!!今年のテーマとなるかな?
 当たり前と思うことほど自分を縛ってたりするんすね。


スポンサーサイト
私的雑記 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2011/02/03 16:12
コメント
アニメつながり
「ぼくらの」おもしろいですよね。

ここで一つお勧めです。
今放送中の「魔法少女まどか☆マギカ」というアニメ。

ありきたりのの魔法少女のお話でなく、謎だらけの不思議な感じがするアニメです。

テレビと離れた灰たかさんでも、youtube、ニコニコ動画、で見れます。
No title
 こんにちは♪
 お勧めの紹介ありがとうございます^^
 魔法少女チェックしてみますね!
No title
僕も身長176cmで体重56kgくらいしかありません。
痩せすぎなので無理して食べてる感じです。食べなくていいと思えば5日くらいは楽勝です。実際、食べるのが面倒くさくなって5日間、市販の野菜ジュースだけの時もありました。さすがに体重は2kgくらい減りましたが。自分にとってこの2kgは大きいです。自分はちょっとどこか脳が異常なんでしょうかね?
「植物たちの命を受け継ぐ責任」という言葉には耳が痛い感じです。食べるのがほとんど苦痛ですから。生命に対する感謝の気持ちに欠けていました。反省です。
Re: No title
 迷える子羊様

 コメントありがとうございま~す。

 >食べなくていいと思えば5日くらいは楽勝です。実際、食べるのが面倒くさくなって5日間、市販の野菜ジュースだけの時もありました 

 5日はすごいですねΣ(; ゚Д゚)『マンガでわかる西式甲田療法』を読んで見ましたが、基本朝食抜きの、一日2食(玄米野菜など中心)をすすめるものでした。なんでもやせすぎの人は胃腸が弱いことが多いので、小食の食事療法を続けてるといったん減少するが胃腸機能が向上し食物の吸収が良くなると増加に転じるそうです。僕は腸の働きがちょっと良くない気がするので、やってみようかなと思いました。

 子羊さんもぴったりの食事量とか、食べ物の種類がはっきりすればよいのかもしれないですね。

 おなか減ってから食べると、自然と食べ物に感謝できるのがいい感じです゚+。(*u_u人u_u*)。+゚

コメントに対するくわしいアドバイスありがとうございます
はいたかさんのブログは、まさに知識の宝庫みたいですね

実際、ものすごく影響を受けています

「生命の贈り物」をここで知ってから、熱心に祈りを実践しています。
特にカフナの観点からの解説は猛烈に参考になりました。

インサイトCDもやはり、はいたかさんのブログで知り購入しちゃいました。

あれもなかなかすごいですね。

もともとは瞑想用に購入したんですが、酒飲んでも眠れない場合にあのCDを聴くと3トラック終わる前に100%寝てしまいます。
ただなんとなく脳みそが疲れる気もしますが(汗)

今回紹介されている「甲田メソッド」を調べましたが、非常に共感しました。
ちょうど食生活を変える必要性を感じていたときだったのでまさに福音です
それと「ピュアシナジー」という聞いたことのない食品(有名なのだろうか、知らないのは僕だけか?)
僕の崇拝するよしもとばななさん愛用ともなれば、これも買いですかね。

なんだか、なんでもかんでも信じるアホな人のコメントになっていないか、やや心配なところです(笑)
Re: コメントに対するくわしいアドバイスありがとうございます
 
 子羊さん、ありがとうございます(〃'▽'〃)

 ほとんど人に教えてもらったもので~す。必要ぽい情報は食いついていくのにまったく躊躇がないことが多いです。なんかピーンと来たものを拾ってます。
 小食はとてもすっきりしますね。お金かからず微妙にハイになる感じがハマってしまいそうですよ・・。どんなスタイルが一番調子がいいか模索中です。

 インサイトはシータ波に誘導するのでちょっと、体感的に違和感があるのかもしれないですね。(開発者は安全だと考えていると思いますが)Focus Programはアルファ波に誘導するので、こっちはナチュラルな感じで左右同調状態を体験できます。いいですよ・・・なんてまた別のアイテム勧めたり^^;

 いつも読んでもらってありがとうございます!
No title
はいたか様
僕が最も尊敬するマスターのフーマンは「フルーツ断食リトリート」というのをすすめていて、数日間、フルーツだけで過ごすことで繊細な波動が開き浄化が起こるそうですよ。
ところで前、生命の祈りのことをコメントしましたが、まだ始めてから1ヶ月くらいです。僕はなんでも結果思考なので、この祈りを長期間実践した、はいたかさんの感想とか変化について教えていただけたら幸いです
Re: No title

 感想と変化、そうですね~。
 僕の感じとしては、『生命の贈り物』はより大きな情報の一部として自分のところにきたような感じでしょうか。というのはその数ヶ月以前より、すべてに感謝することや許すことなどを実践しようという気分になり、2009年後半くらいからネイティブアメリカンの祈りなどをやってたんです。(過去記事にあります)そのあと身近な人から『生命の贈り物』を教えてもらいました。核にあるのは全部を受け入れる心というか、そういう心境に近づけるよう促す力なんです。現象化して僕らの手元にあるものは、その『核』がはっきりとしたかたちになったものだと思います
。そこから僕が情報をダウンロードして受け取る気になったたのは2009年ごろからだったのではないかと思います。

 あんまり全体の為に祈るとか偽善的な気がして好きじゃなかったんですよ~(;^ω^)
 
 効果として即物的に書くと、全体を受け入れていると、全体が助けてくれるようなそんな感じでしょうか。受け入れることで、受け取ることができるようになると言うか・・。
 自分が笑ってたら相手も笑ってくれるし、また相手が笑ってくれなくても、自分は笑ってる方が気持ちがいいというそういう感じですね、僕にとって祈りは。ある意味祈ること自体が即『結果』なのかも。だからやって気持ちがよければ続けられるのがよいと思いますよ!

 フーマン、いいですね!
 フルーツ断食は師匠が一時期やっていたので、僕もいつかやってみたいです。
 いい断食道場をなんとなく探してます♪


No title
質問に対する回答、ありがとうございました。

最終的には祈り自体即「結果」なんでようね

ぼくもそんな境地に早く至れればいいのですが・・・

そういえばラジニーシOSHOさんも同じようなこと言っていたなぁ~

「祈り自体が目的だ」、みたいな

でも僕はそんな暇じゃないんです!

色々、神様にお願いしたいことあるし(笑)

Re: No title
 お願いがかなうとよいですね(-人-) 南無南無・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
 どうも!情報ありがとうございます(*・ω・)*_ _))ペコリン
 参考にさせていただきます。
 確かに、ひとつのブランドにこだわる必要はないですね。何かを入れる、より抜くが大事かもしれないですし。

No title
  マーヤになるのでネットは当分辞めます(o・∀・o)
  
  
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。