スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

3/11よりこちら側(4)  

 震災ののち、原発事故による放射能や東海、東南海の地震、富士山の動きなど新たな変動の情報を気にしたりしてまた混沌としてきたので、3・11以前の流れはどうであったか日記で確認してみた。すると、余計なものは見ないで、神様おまかせモードにしようと努力していたことがわかった。
 あとあまりにもフレアが多いのでそれをメモ帳にコピペしていたものを貼り付けてみる。

 
 ■日記



 3月1日

 もんすげーマーヤ
 太陽いまだ昨日Mクラスフレアとか起きてるし活動大
 昨夜R電車でばったり倒れれると、tel
その後眠れず 何回も起きる
 雨続きもあるが・・・強烈
 

 3月5日(土)

 水曜の夜から一切ネットつないでいない。
 これいいかも。アセンション系だけでなく、Yahoo!のニュースなどもマーヤ大と認識
 そのせいか昨日の瞑想会エナジーの持ちがいいような
 PCはDVD見たりするのに立ち上げるが、LANケーブル引っこ抜いてる
 ネット当分止めようかな
 朝食抜きと同じく『空』をつくるのが大事なのだろう
 頭もスカスカの部分を。
 頭もおながが減ると本当に必要な情報がわかる。まさに「知るべきことを知る」(前日の瞑想会のI先生の言葉)のが大事。アンインストール!


 3月7日(月)

 目覚めると雪。
 太陽黒点110以上
 Cクラスフレアも頻発
 3月9日よりコルマンインデックス(マヤ暦の分析法)で新サイクルに入る。
 しかし超寒いなあ・・・

 朝起きて一時間は何もしないで意識を観察し、またお祈りなどをしていると頭が
 働き出してくる。この自家発電感が大事かも。ネットあけても頭は働くが他からの情報
 というものに頼っているので妙な方向性がついている。


 3月8日(火)

 昨日Mクラスフレア三回も発生
 黒点118とかかなり多 
 そのためかコーヒーのみすぎか、昨夜寝付き悪く何度も目覚める

 本日も4,5回Mクラスの爆発 
 さすがにこんだけ続くとエフェクトする感じ
 太陽の騒がしさに押され、タブーのネットもいろいろ見てしまうが、明日からはやめよう
 このサイクル24の太陽活動も、コルマンインデックスとシンクロしてる気がせんでもない。

 エフェクト感のためか部屋にいるのも落ち着かず、公園ではだし歩きをした。


 3月9日(水)

 すべてはあなたの愛のうちにあり
 すべてはあなたご自身のあらわれである
 主よ
 この神聖な流れに身を委ねることができますように
 すべてであるあなたの中へ溶けいるように

 我もなく
 うつしよもなく ただ一人
 神の御前にひれふしおろがむ

 コルマンインデックス、サイクル9スタートらしいす
 今日も相変わらずMクラスフレア×3発生
 どうもフレアの症状として記憶が飛ぶというのがあるような
 あとテンパる、重いなどのエフェクト感の他に
 眠い、だるいってのもあるかも
 昨夜安定剤飲んで寝たのに なんかぐっすり寝れないんだよなー

 9:30~21:30まで仕事
 Aさんと(利用者の人)近くの診療所へ
 トイレの中で「地震、揺れてる」とAさん
 あまりわからなかったがあとから携帯で見ると宮城でM7.1の地震があったとのこと
 マイミクのFさん(ダイジのもとお弟子さん)が「岩戸開く」と日記に
 


 3月10日(木)

 今朝も5時半にパッチリと目が覚める
 前日よく働いたからぐっすりかと思いきや・・・
 なんかのエネルギーがあるんだろうなーと眠れなくなしてるエネルギーにフォーカスする
 思考ではなく、その奥の・・・
 すると弱い地震 ドアチャイムがちりんちりんと少し鳴る
 その音聴いてると少し眠気が・・ん~地震かなあ
 あとで携帯でニュース見ると昨日地震あった三陸沖でまた地震
 そして午前6時頃パプアニューギニアでもM6くらいのがあったと
 あんだけフレアあれば不思議じゃないけど、ん~
 第9サイクルの開始と関係あるのか

 もう一度寝ると濃い夢いっぱい
 
 そして祖母が生前唱えていた『法華経』を読みたいと思ったり
 いろんなものが噴出して意識がすぐそれらにフォーカスするので
 なんかちょっとわけわからん感じの朝方
 祖母はやはり家の霊的ダイナモであったのか
 法華経という形を通して祈りの波動を供給してくれていた気がする


 ■宇宙天気情報センターフレア記録より(抜けてるとこあり)



3/ 5 18:02 C2.3
   11:39 C1.7   
   10:06 C2.2

3/ 6 19:25 C7.5
   18:55 C3.1
  17:48 C2.7
  15:58 C2.8
  14:24 C4.6
  12:37 C3.7
  11:03 C2.2
  05:59 C2.3

3/ 7 16:11 C3.6
  16:48 M1.6   
   14:00 M1.3
   13:16 C5.1
   11:01 C3.0
  04:32 C2.3
   01:14 C7.0
  00:51 C4.3
  00:09 C4.0

太陽の活動度がもう一段高まり、Mクラスの中規模フレアが7回も発生しています。
7日14時(世界時7日5時)に、1164黒点群でM1.2、
7日17時(世界時7日8時)に、1165黒点群でM1.5、
7日17時(世界時7日8時)に、1164黒点群でM1.4、
7日18時(世界時7日9時)に、1164黒点群でM1.8、
7日23時(世界時7日14時)に、1166黒点群でM1.9、
8日5時(世界時7日20時)に、1164黒点群でM3.7、
8日7時(世界時7日22時)に、M1.5、
と、1164黒点群を中心に、1165群、1166群でも発生しています。
規模としては、今日早朝のM3.7が最大です。(担当者コメント)

3/ 8

   19:33 M5.4
  18:30 C4.7
  14:03 C5.5
  12:33 M1.5
   11:24 C7.7
  09:15 C4.7
  06:45 M1.6
  04:42 M3.7
  03:09 C7.6
  00:54 C5.1


3/ 9

22:52 M1.7
 22:15 C7.6
20:00 M1.8
19:34 C7.4
17:23 C9.5
16:26 C6.6
13:58 C7.7
12:16 C5.1
11:18 C6.5
10:52 C5.6
10:22 C3.7
08:33 C8.9
08:09 C7.8
04:52 M1.5
03:07 M4.5


3/10 12:49 C3.0
   07:46 X1.6  
   07:02 C9.5
  06:03 C5.1
  00:41 C2.7



活発だった1165黒点群が沈むとともに、
今度は太陽中央の1166黒点群が活動を強め、
今朝、X1.5の大規模フレアを起こしました。

1166群は、昨日の夕方からフレアを活発に起こし始めました。
C9.4に始まって、M1.7、M1.7、C9.4と続き、
10日8時(世界時9日23時)に、X1.5の大規模フレアを起こしたのです(担当者コメ)

 
 フレアについて少し補足するとフレアは

 Cクラス
 Mクラス
 Xクラスの順に巨大になる。クラスのあとの数字が大きいほど規模もでかい。
 これだけ見るとしょっちゅう爆発してるみたいだがそんなことはない。
 Cクラスの爆発がない日だっていっぱいある。

 太陽は今までずっと静かで、2008年には無黒点状態、つまりフレアは黒点部で発生するのでそれもほとんど起こらない状態が数ヶ月にわたって続き100年ぶりに静かな状態になっていた。
 本来2011~2013年ごろまでの太陽極大期サイクル24に向けて活動は活発にならねばならないのに、異常に静かだった。だからMクラスが起こるだけで2009年や、2010年には大きなイベントだったのだ。

 しかし、この3月上旬の記録を見ると、そのMクラスが一日に多い時で数回、そしてそのMクラスよりも数倍でかいXクラスという最大規模のフレアが3月10日震災前日に起こっている。Xクラスは2月中旬にも起こっているがこれは2006年以来4年ぶりのことだった。その一週間後にはNZで地震がおこっている。

 フレアが直接地震の原因になるわけではないが、これらを見る限りなんらかのトリガーになっている可能性は否定できないように感じる。そして太陽活動はまだ、サイクル24の最盛期ではない。今後活動は必ずもっと激しくなる。どうもこのところ極小期である2005年にX級フレアが起こったりものすごくランダムな予測不可能な状態になっているようだ。

■すべてが変わるぞ、なにもかもだ

 地震で中断していた海外ドラマ「Lost」の続きを見る。
 はじまりのシーンで、ハリーという登場人物が見る夢のなかで
 韓国人のジンがハリーに「すべてがかわるぞ、何もかもだ」という。

 またすぐそのあとに「チェルノブイリの石棺」という言葉が出てくる。
 これを震災前に見れば、チェルノブイリ 石棺なんていう言葉はまったく意に介さずに
 スルーしたに違いない。

 ちょうどシーズン2のエピソード3をみたあと十数分後に、地震が起こったから、
 エピソード4を見るのが今となり、それらの言葉がまったく違う意味を帯びるようになった。

 多くの人が福島は、事故の深刻さと規模的にはチェルノブイリと
 スリーマイルの間に挟まれる位置にあると 考えている。(いまだ流動的、今後の展開次第)

 


 ■もとには戻せない

 僕はこれを単体の災害とは見れない(とくに特に福島原発)。次にこうなるとかそういう予想を述べる気分にはなれないが、これは大きな変化の「はじまり」だろう。しかしこれが本当に最初だったわけではない。卵が割れる時、みしみしと小さなひびが入り始める。そのひびはもう20年も前から入ってきていた。バブル崩壊もそうだった。9・11もそうだった。リーマンショックもそうだった。ゲリラ豪雨や、酷暑もそうだった。今回、一気に大きく亀裂が入ったから「ひとつのおおきな出来事」と認識された。でもそうではなく、卵が割れる、古い世界が維持できなくなる、という単一のイベントの中の一部であると思う。

 もとに戻す、ということはできない。この過程では変容するということしかできないのではないか。しかもそれは中途半端なものではなく根本から、矛盾を訂正し、腐敗と虚偽を表に出し生き方を変えるということが必要ではないか。もしもこの噴出した矛盾をまた封じ込め、利権と癒着にまみれたシステムで国民を洗脳しようという意図があるならば、それを「復興」と呼ぶならば、新たなる崩壊はどこかですぐに起こる。

 つまりなぜACは今ワタシタチニできることのなかに「原子力の是非についてもっと考える」を入れないのかということが、僕のいいたいことのすべてだ。それこそが積極的な希望ではないのか。牧場の羊をなだめる角笛のようなメッセージばかり流すのはやめてほしい。それができないのが利権と癒着の構造だ。偽りの復興と頑張ろうでは、もうもたない。



http://www.youtube.com/watch?v=92fP58sMYus&feature=related

隠された被爆労働〜日本の原発労働者1



http://www.youtube.com/watch?v=pJeiwVtRaQ8&feature=related

隠された被爆労働〜日本の原発労働者2


 悲惨な話しだが使ってる電気がこのような歪みの上に供給されていたことは知ってよかった。

■止まったエスカレーターを駆け上がる子供

 3・11以前はいつも動いていた駅近くのビルのエスカレーターが止まっている。
 そこを歩いておりながら、『地球が静止する日』というSFを思い出す。
 確か宇宙人たちが核兵器や戦争をおこなう人類への警告として、地球上の電気を
 いっせいに止めるという話だった。
 なにか僕には節電で、これだけの規模で機械、照明をとめているという現状が
 なんだか現実感が薄いというか、バーチャルな世界に迷い込んだようなそんな印象すら受ける。
 子供たちがとまったエスカレーターを笑いながら駆け上がる。

 今まではまったく無駄なほどエネルギーが使われ、それを当然だと考えて
 いたということをつきつけられる。

 それも原子力発電という一度破綻すると、まったく手に負えなくなるモンスターを使用した
 電力供給だった。放射性物質を無害にコントロールする能力など最初から今のテクノロジー
 にはなかったのだ。
 何千年も何万年も放射能を出し続ける、使用済み燃料という奴の処理を、ずっと先の未来の
 子孫にまで 持ち越すという時点で、このシステムは最初から破綻していたように思えてならない。
 それはあたかも、サブプライムローンが破綻した時、よくテレビで放映された、カードローンで
 多額の借金をしてでも高価なものを買い、旅行を楽しむという一部のアメリカ人の生き方のようだ。
 負債を未来に送り続けるというような生き方は天に唾するようなもので、いつかは自分自身に
 落ちてこざるを得ない。それは天罰のためではなく「引力」という法則に逆らっているという
 単純な理由による。

 
 そんなものを、プレートが合流する地震列島である日本全国に55機も作ったということが、
 とても正気の沙汰とは思えない。現在も50機以上のそのモンスターが起動し、全国に電力を
 供給しているのだ。しかもその電気の多くがまったく必要もない照明や、機械の作動に使用
 されているということ。まったくそれらに疑問を持たず、生きてきたこと。
 今回の事故はこういった闇に隠れていた本当に大きな、愕然とするような構図を浮き上がらせた。
 少なくとも、僕にとってはそうだった。

 【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』



http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk

福島第一原発事故:再臨界?:小出裕章 2011.4.5



http://www.youtube.com/watch?v=OrJrKU3UBMc


 ■裸足

110308_1531~01


 3月8日、「向こう側」で撮った最後の写真。
 裸足で土や木の根の感覚を感じて歩いた。

 あらゆる矛盾があらわになるにつれて、

 僕ら自身も裸にならねばならなくなるだろう。
 目をそむけていたものと直面したり
 自分自身の嘘や、ごまかしとも向かい合わねばならなくなるかもしれない。
 でも裸の自分自身にほこりを持って、どんなに格好悪く思えても、とりつくろうより美しいことを肝に銘じて生きたいと思う。
 
 人からどう見られても自分の本性を隠さずにいれば、新鮮な空気とともにいられる
 もし裸足で歩けば、少々とげがささろうと、大地がじかに包みこみ支えてくれるように

 裸足で生きる勇気を僕らに・・・・! 




スポンサーサイト
アセンション考 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/04/07 22:33
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。