スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

Akira-mania 

 先日広島から東京に遊びに来られた、ブログ読者の方とお会いした時、AKIRA(杉山明)さんの曲を紹介してもらった。

 AKIRAさんのことはもっぱら物書きとしてしか知らなく、「神の肉」や「アヤワスカ!」は気になっていていつか読みたいと思っていたがチャンスはなかった。ということで、実質的には名前だけしか知らなかったのだが、なんとなく破天荒な生き方をしている人のようなイメージだけを持っていた。

 歌を歌っているというのも意外だったが、ホームページを見ると書籍と音楽だけではなくとても力強い絵や、創作物がたくさんありルネサンス的才人かつ驚異的な旅人であることを知った。1959年生まれ、1982年に渡米しアンディ・ウオーホルから奨学金を受けていたという。各国で作品を制作し、70カ国以上を放浪という。
 3・11震災の時も南米の地の果てにいらしゃったようだ。

 AKIRA MANIA 


 AKIRAさんの新曲に『敗北の歌』というものがあるが
 AKIRAさんにとって旅をすることは負けるためであるという。自分が頑なに持ってきた価値観を別の世界によって壊されていくこと、それが旅をする意味であるという。旅の経験の少ない僕もいわんとすることはわかる気がする。不愉快な経験というのは大抵、自分の常識を壊された時に起こるものだ。でもあとになって振り返るとそれはとても貴重な経験だったことがわかる。

    敗北の歌





 日本をまた一番にする、という政治家のポスターを時々見かける。
 一番になんてならなくていい。
 もっと自殺率が減って、リストカッターが減って、皆が適度にのんびり暮らせる世界。一番にならなくても、多少貧しくてもきっとそれは可能だ。
 負けろ、負けろ、負けろ、という歌声のリフレインは勝とうとすることで失ってきたものに気づきなさいといっているように聞こえる。日本はむしろ世界から忘れられた、マニアックな極東の島国になれば、いいのだ。

 次の曲は胸踊る旅の予感と、自分自身として生きることの大切さを歌ったもの。
 なかなか人の目から自由になれない僕には、ガツンと来る内容。


 魂の本


 
 AKIRAさんの声はなんというかソウルフルだ。
 次の曲なんかもメロデイはシンプルだが、ついつい何回も最後まで聴いてしまう。
 ハートに叩きつける声。

 ウレシパモシリ




 音データをCD六枚分ももらったけどまだ一枚ちょっとしか聴けていない。
 きっともっともっといい曲があると思うので、また紹介したい!


 このフライヤーも気に入った。
 
 0611okinawapanf3.jpg







スポンサーサイト
好きな歌 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/09/06 20:13
コメント
はいたか鳥さん~♪

お久しぶりにおじゃましました。
AKIRA イ~イですね!
歌詞が届いてきます。
自分を生きてるからでしょうね。

私もこの歳になって、ようやく自分を生きるということをやり直し始めました。
とても大変だけど楽しい。
今までは、嘘っぱちだったんだよ~♪というぐらい、周りの環境が人が変わってきました。
わ、ガメラさん!

お久しぶりですっ(≧ω≦ )Akiraイ~イですよね♪

今いただいたコメント読んでちょっと驚いたんです。Akiraの曲紹介してもらった広島の福山の方(マイミクさんですが)と今さっきまで電話で話してまして、ガメラさんのブログの話しになり「何でも知ってる面白い方ですよ~」と噂話を(笑)したばかりだったので。噂をすればガメラさんでしたΣ(; ゚Д゚)

自分を生きるって、勇気がいる時もあるけど、そこにしか納得できるものってないのかもしれないですね。じゃあやらないと損ですね。僕もそういう流れになってきたような感じがします。
はじめまして。アメシストと申します。
意識の変容、コルマンンデックスを検索してたどりつきました。
AKIRA(杉山明)さんの「敗北の歌」の意味、しみじみ共感です。
はいたか鳥さんのブログの内容、私には少し難しいけど
感覚で共感できます。今後も遊びに来ますのでよろしくお願いします。
↑のガメラさんと同じく私も、本来の自分を生きる真っ最中。
今では、頑固な自我を脱ぎまくっています。
以前は、魂の旅は、戦って確かに敗北って感じでしたが
今は、解放してくださいと祈るだけ。楽ちんです。
Re: タイトルなし
 アメシスト様、はじめまして!
 コメントありがとうございます。本来の自分を生きる・・・大切なことですね(`・ω・´)
 コルマンインデックスの意識の変容も、これが核にあるのではないかと思います。
 救世主や、巨大な外側のカリスマが、大衆をリードするという時代の終わり。
 ベタな表現ですが自分の人生において自分が主役である人が流れを作り、互いに協調できれば素晴らしいですね。アメジストは新時代のシンボルストーンですね。今後とも遊びに来てください♪ 
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。