スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

11/18のツイートまとめ

haitakadori

象徴的に考えるなら、人はすべて99パーセントのX要因に取り囲まれた霧の中にいるということになる。その中ではやはり「信じること」が重要になってくる。何を信じるかと言うと、霧の向こう側には恐怖ではなく、晴れた空があるということをだ。
11-18 22:12

主人公は自滅的な行動をとってしまうのだが、それは「霧」の中には必ず怪物が潜んでいると思っていたからだ。「霧」の中から希望がやってくるという可能性は見えなくなっていた。「霧」、「先が見えないこと」が喚起する恐怖と絶望が実際の怪物と同じくらい危険なものだったということになる。
11-18 22:06

s・キング原作小説の映画化「ミスト」を見た。霧の中に異次元の怪物が潜んでいて、それに取り囲まれたショッピングセンターの人々を描いている。気持ち悪くて後味かなり悪い映画だが、実は怪物よりも「霧」と「霧」により見えないことで触発される人間の自滅プログラムの怖さを描いたものかと思った。
11-18 22:02

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/11/19 06:38
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。