我々は、昼間、頭を太陽系の中心である太陽に向けている。

 そして、夜になると、頭を外宇宙の方向へと向ける。

 バガバッド・ギータには「万物の眠りであるところの夜は、聖者にとっては真昼である」という言葉がある。

 聖者は果てしない空間に頭を向けて、何を思うのだろうか。

 

 
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2006/09/28 20:39
コメント

管理者のみに表示