スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

たった一つの限りなき命

 もしも何かとても恐ろしげなものが見えたら

 その恐ろしげなものも

 それを見ている自分も

 永遠に存在する

 唯一の命の中へ帰滅するのだと思う

 どんなに美しいものも 恐ろしいものも

 形あるものはすべて消え

 唯一の永遠だけが存在する

 窓の外の草むらで鳴いている秋の虫と

 この部屋の中にいる僕とは

 唯一の命を分有し

 やがてその中へ還っていくという点で

 全く等しい

 生命に充実した一匹の虫のように

 小さく、小さく、ありますように

 たったひとつの限りなき命の戯れとして

 














スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2006/10/08 00:12
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。