誕生


 尾崎豊 「誕生」







俺の時計の針がちょうど午前零時を指した
過ぎ去る時は新しい日の中に消え去ってゆく
訳もない涙が溢れ そっとこぼれ落ちる
分からないものが俺の全てを狂わせてしまった
愛を失い 仕事すらなくし 俺は街を出た
そして俺は一体今 何を待ち続けているのか

ポケットには別れた家族の写真がある
皆で笑い俺は兄貴に肩を抱かれている
その写真をながめる度 分けあった訳の中に
それぞれが選んだ生き方を 思い浮かべてみる
人生はいつも誰にも 冷たいものだから
捨ててしまうことの方がきっと多いものだから

街の風は凍ついたまま吹きつけ心隠さなければ
大切なもの何ひとつ守りきれやしないから
そっと目を閉じて ふっと心閉ざし 暮らしているけど
 
Hey baby 俺はクールにこの街で生きてみせる
Hey baby 俺は祈りの言葉なんか忘れちまった

俺はきっとまだ マトモにやれるはずさ
街中の飢えた叫び声に 立ち向かいながら
俺は走り続ける 叫び続ける
求め続けるさ 俺の生きる意味を

一人で生きる寂しさに疲れ やがて恋に落ちた
彼女と二人暮らし始めて半年が経った
マトモな仕事が見つからずに 荒れ果てた暮らし
投げ出したくなる そんな暮らしが続く日毎に俺は
愛の温もりも忘れて 心はすさんでゆき
自分自身から逃げ出そうと 脅えて暮らした

心の弱さの逃げ道に罪を犯した俺は
捕らえられ 牢獄の重い扉の奥で息をひそめた
そして裁判の後 俺は手首ナイフで切り付け
気がつけば病院のベッドの上 薬漬にされた
あぁ教えてくれ 俺のどこに間違いがあるのか
街の冷たい風から逃れて生きてきただけなのに

やがて俺もマトモな生活を見つめ彼女と暮らした
ある日彼女は 涙ぐむ笑顔の中でつぶやいた
二人の新しい命が宿り 生まれてくることを 

Hey baby 俺はクールにこの街に生まれた
Hey baby そして何もかも捨てちまって生きてきたんだ

生きる早さに追いたてられ 愛求め 裏切られ 孤独を知り
振り返ることも出来ず 震え暮らした
そして走り続けた 叫び続けた
求め続けていた 生きる意味も分からぬまま

産声を上げ そして立ち上がり
やがて歩き始め 一人きりになる
心が悲しみに 溢れかき乱されても
脅えることはない それが生きる意味なのさ
 
Hey baby 忘れないで強く生きることの意味を
Hey baby 探している 答えなんかないかもしれない

何ひとつ確かなものなど 見つからなくても
心の弱さに負けないように 立ち向かうんだ
さぁ走り続けよう 叫び続けよう
求め続けよう この果てしない 生きる輝きを

「新しく生まれてくるものよ おまえは間違ってはいない
誰も一人にはなりたくないんだ それが人生だ 分かるか」
スポンサーサイト
好きな歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/11/17 22:33
コメント

管理者のみに表示