虚像と実像


 先日世界的に有名な作曲家が、実は自分では譜面を書けずゴーストライターに作曲を全面的に依頼していたことが暴露されたという事件があった。

 しかも、耳が不自由であることにより現代のベートーベンとまで称されていたのだが、実はそれも嘘で本当は聴力があるのではないかという疑惑も持ち上がった。

 そう、今回は珍しく時事ネタであの人の事件のことを書いてみようと思う。


 事件といっても、僕はルポライターではないので、結局それはその情報が僕に及ぼしたエフェクトをつづるということになる。

 その某作曲家の情報によりどういうふうに心がもやもやして、そのもやもやを検証してみるとどのようなことが見えてきたのかというレポートとなります。

 まず僕は、作曲家S氏のことをN●Kのドキュメンタリー番組で知った。うちにはテレビがないので、仕事先で「こんなすごい人がいる」と録画した番組を見せてもらったのだった。脳性麻痺で四肢が不自由な人からだった。

 そこにはS氏が薬の副作用で床を這い回りながらも、部屋にこもり作曲に専念する様子や、震災で両親をなくした少女を訪ねる姿、被災地へのレクイエム作曲のために真夜中冬の海辺に何時間もたち続ける姿が記録されていた。

 手が不自由だけどバイオリンを練習している少女の家を訪ね、不自由な手で折った千羽鶴をもらって「また光をもらっちゃったね、ありがとう」と彼は言っていた。

 このドキュメンタリーを見て、僕の感想は「こんな人がいるんだ。あんな状態で作曲ができるなんて、人間の精神力ってなんてすごいんだ。こういう人がメジャーになると言うことは、やっぱり本質が認められる時代なんだな」とかなんとかそんな感じだった。何かこう一種のスピリチュアル的な匂いを漂わせているということも気になった理由のひとつだっただろう。

 その作品、交響曲「HIROSHIMA」もデータとして人からもらい二回程聴いてみた。その感想は、正直にいうと「よくわからんが、いいような気もするなー」という感じだった」。僕は、クラシックはバッハとかモーツアルトのメジャーな曲では好きなのがたくさんあるけど、ああいう感じの長い交響曲は退屈さが先に立ってしまうところがある。(HIROSHIMAは90分くらいある大作だ)でも、曲の中に何カ所かすごいなーと感じた箇所はあった。
       
 あんな人がつくったんだからきっと自分のクラシックへの鑑賞眼がいまいちなだけで、本当は感動的なものだろうと思った。その後「HIROSHIMA」のデータはプレイヤーの中に眠ったまま、聴くこともなく数ヶ月が過ぎてS氏のこともほとんど忘れていた。

 ところがある日ネットニュースの「本当は耳が聞こえていた?」という見出しをクリックしたとき、「あーキタよキターっ!」というくらいわかりやすくマーヤになった。

 あまりのどんでん返し感に、概要がわかるまででている情報を読み続けた。
 まったく、、こういうマーヤにならないためにテレビを捨てたんだけど、来てしまったものは仕方ない。
 その後、すべて情報機器を落として、いらっしゃったマーヤ王妃をもてなすことにした。マーヤ王妃は知恵を秘めていらっしゃるので、丁寧におもてなしするといろいろなことを教えてくださる。

 まずひとつのポイントは、別にS氏に心酔してCDを買ったりおっかけをしていない僕のような立ち位置でも、一度信じたものが嘘だと判明するといろんな信頼感が揺らいでしまうことである。僕は別にS氏への怒りのようなものはほぼない。とんでもないウソをついてたなーとは思うが。

 ただ彼という虚像を一度は「すごい」と思ったことにより、自分自信への信頼感が腐食され、ほかに自分が信じてるものも偽りかもしれないという思いにより、他への信頼感も微妙に腐食されるのを感じた。それがまずわかりやすいマーヤだった。

 被災地の少女とメールし、光や闇を語り、なんかだましちゃいけない部分で彼は大勢の人をあざむいしてしまった。

 しかしマーヤ王妃の顔を見つめていると、さらにその顔の奥にもっと別の表情が見えてきた。

 僕は、本当に、S氏にダマされたのだろうか?

 S氏のニュースを知ったその日、●HKの集金人がいらっしゃりその人をおもてなししたときのマーヤについても考えていたのだった。NH●の集金人さんは、うちにテレビがないことを告げても定期的にやってこられるので結構応対に疲れている。なんか人の時間にいきなり干渉してくる割に謝罪の言葉もなく態度もよくないし、こちらもイライラしてくる。

 そのことと、S氏に関するマーヤ王妃の顔がダブっていた。何かがつながる感覚。



 ああ、そっか、俺、別にS氏にダマされてないわ。

 N●Kにダマされたんだよ。




 ということに気づいた。


 NH●の番組構成力とその「権威」。


 いやいやもちろん、番組を作った局が意図的に視聴者を欺いたとは思っていない。きっと制作した人たちも、ダマされたと思っているのだ。

 しかし僕はS氏に会ったことはない。対面して話したこともない。僕が信じたのは彼ではなく、メディアによって作られた疑似的な情報体、つまり「虚像」だったのだ。

 その情報体は、ドキュメンタリーという番組の性質上、客観性を重んじるように制作されながらも、その中に彼という存在を神格化し、祭り上げるような意図を暗に含んでいたのである。

 カメラがある特定の位置に据えられているということがそもそも、客観性からはずれている、と以下の動画の中でコメンテーターが語る部分がある。

 



 それは確かにその通りで、ドキュメンタリーと言えどもそこにはなにかの意図がある、善悪や正邪の価値が混入している。逆に言えば、それらがなければドキュメンタリーと言えども番組としてまとまらない。

 その「意図」によって作られた情報体、音楽や、断片的な映像やCGによって構成された虚像に僕はダマされたのだろう。
 今偽者だったと報道されたあとならおかしく思えることはいくらかある。映像内の彼の様子や受け答え、被災地の少女とのやり取りがあまりにも自己陶酔的に感じること。母親を震災で失った女の子に「お母さんを愛していたの?」なんて聴く必要がどうしてあるのか。でもそれは、彼が偽者だったと報道されたことによって、僕の中で現実へのフォーカスポイントが変わったからに過ぎない。

 それにプラスして、●HKがそんなおかしな人間をスペシャルにとりあげるわけがないという権威への盲信だが、その権威性は受信料を払わないことに対してもおかしな不安感を感じさせる要素だ。大手のもっとも信頼できるニュースソースがこういう料金の取り立てをしてるという矛盾。

 なんで携帯にワンセグがついてたらあんたの会社に月1000円払わなきゃならんのか・・・

 (念のためにいうと僕はNHKの(あっ言っちゃった)昔のNスペのストイックなノリはすごく好きで、webで昔の番組見放題のオンデマンドを契約しすでに月1000円ほど払っているのです。これ以上変な取立てで印象を悪くして欲しくないものです)

 生のS氏にあったら、その「実像」からは画面とはまた違う情報が伝わってくるかもしれない。話すともっとそうだろうし、たとえば週に1度定期的に会っていれば、もっとそうだろう。

 だからS氏の情報体にダマされたからといって、自分の生(ナマ)の感覚を疑う必要はなかったのである。もちろん自分の感覚も人を欺く。でも、それは情報体によって生じるリアリティよりももっとビビッドだ。

 ある実験がある。
 赤ん坊にテレビ画面に映る人を見せても、まったく反応しないという。
 幼い子供にとって、そこに「実在する」人と、虚像はまったく次元の違うリアリティで、虚像は彼にとっては実在しないのである。
 だから赤ん坊には崇拝するカリスマはない。
 実在するお母さんとおっぱいだけが愛着の対象だ。
 カリスマを持たない赤ん坊は、彼自身の無垢なカリスマ性で人を魅了する。


 ところが成長してシンボル化したリアリティに慣れていくと、人は次第に虚像と実像の区別を失っていくのだろう。

 虚像を実像と勘違いしてしまう。
 情報体を、リアルだと思ってしまう。

 それは自分の肉体性や自然からの分離とも軌を一にしている。ニュースだろうがなんだろうが、ある視点から映像化されたものはすべて「虚構」であり実像ではないのだ。今ニュースはオリンピック一色だがおそらく世界の70~80パーセントくらいの人にとってオリンピックはまったく関係ないか、知らないか、どうでもいいトピックだ。
 「全世界が湧いた」なんて言葉はいつだってウソだ。 

 現実にはテレビ画面を縁取る「枠」なんてない。昔映画が登場した直後は、画面はしにくると人物や風景がぶつ切りに消失してしまうことにたくさんの人が不気味さを感じたそうだ。
 現実ではどうだろう。
 あなたの友人があなたの背後に回りこんで視界から消えても、はっきりした気配を必ず感じます。それも見えないだけに、きっと余計に密に。
 これが映像と現実のささやかに見えるけど巨大なギャップだ。感覚が360度ではなく前方にしかないことも、局所化した視野によりカリスマの虚像を生み出しやすい要因だろう。

 今画面のはしで現実がぶつ切りになることをなんとも思わないのは、映像という現実の象徴化の手法に僕らの集合的意識や脳が慣れてきたからだろうけど、その分「映像」という虚像を実像とみなす呪縛も強くなってきているのだろう。

 基本的に僕らが「虚像」にとらわれるのは、僕らの内面が虚だからだろう。
 何かスーパーな存在の「虚像」に夢中になり、そのフォロワーになることで人は内面の虚を忘れられる。

 それは自己存在や自己の現実の否定と裏表だ。「<なんでもない私>だけど、あの人のことを考えたら自分にも意味がある気がする」・・という。
 
 「映像」は僕らに自己を教えることはない。それは常に「他」を教える。

 なぜなら自己とは、テレビ画面やスクリーンではなく、この目に映っている、この世界と五感だからだ。それはもう僕らの目には映っているため、「映像」にはうつらない。だから「映像」がうつせるのは常にそれ以外のものだ。

 僕ら自身の存在とこの体感世界・・・これこそが至上のものであるということに目覚めない限り、いつもどこかで、心の中でやっぱり「虚像」は生まれ続けるんだろうなあと思う。

 僕ら自身の命、空気、目に映る太陽、大地、身近な人の存在の方が、どんなスーパースターの「映像」よりもくらべものにならないくらいきっとスゴい。



スポンサーサイト
知覚、リアリティetc | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/02/25 00:27
コメント

管理者のみに表示