最近の食事

 最近の食事は・・・


140314_1840~01

 割とこういう感じです。

 大根とニンジンのすり下ろし
 豆腐150グラムくらい?+ネギ
 ほうれん草 キャベツ 小松菜 白菜 チンゲン菜などの葉野菜+バナナのスムージー(水200ミリほど入れてミキサーにかけたもの)
 あとあまったザク切り葉野菜を、おろしの横に添えてます。その上に茂蔵のアボガドドレッシング。

 これは断食や、小食を指導して難病を治療してきたことで有名な甲田光雄医師の玄米生菜食のレシピを応用したものです。正式には以下のメニュー。



 朝食:なし(柿の葉茶、水のみ)

 昼:生野菜ジュース250ミリ 
   ニンジンおろし120グラム
   大根おろし  100グラム
   山芋     30グラム  
   生玄米粉   70グラム
   ハチミツ   30グラム 
   豆腐     200グラム
   塩・しょうゆ 少々

 夜:昼と同じ


 山芋おろしと、生玄米粉、ハチミツは食べてない。
 ↑のメニューだとちょっと腹いっぱいになりすぎる気がする。
 毎食やってるわけじゃないので、やや自分流にアレンジしてます。

 きっかけはやっぱり冬至ひとりリトリートをしたとき、野菜を一緒に煮込んだ雑炊のおいしさに感動したこと。
 それ以来、たまに一日水分だけで過ごしたり、マクロビとローフードのミックスみたいなメニューにしている。
 毎食これって決めてるわけじゃないけど、最近は、例えば昼ごはんを割と普通に食べると、夜は同じようにがっつり食べる気がしない状態だ。だから、昼ごはんを普通に焼き魚定食みたいの食べたら、自然と夜は上の写真みたいなメニューになる。
 (朝食は多分4,5年前からほぼ食べない。食べる時はバナナ1本くらい)


 このところ仕事ある日にあまり食べないほうが疲れにくいことに気づいた。
 なんかおなかが張る感じとか、眠気を感じるほど食べると、確実に疲れやすくなる。
 ので、長丁場の労働の日は空腹感を感じるまで待って、腹5分とか6分くらい食べると調子がいい。 
 
 ベジタリアンじゃないので、卵、鶏、魚はそこそこ食べる。
 豚、牛はほぼ食べない。これは倫理的な理由じゃなくて、ここ数年哺乳類を食べると確実に心身が重くなるため。
 どうもDNA的に近いものは本来あんまし食べないほうがいいんじゃないかと思う。
 ミンチ状の肉が多少入ってるコロッケとかなら、まあそんなに影響ないんだけど。とんかつ定食!みたいになるとややきついかも。

 最初これ純粋に年のせいかなんかかと思ったけど、微細な食物のほうをからだが好むようになってきてるのかも・・・!とも希望を込めて思う。

 以前は口先のおいしさ重視だったけど、最近は味覚だけじゃなくて、体全体の満足感というかあきらかに細胞が喜んでるでしょ、これは!という感覚が心地いい。その感覚はすげーごちそうとかじゃなくて、意外と自分でなべでやらかく炊いた玄米と味噌汁と、豆腐なんかを食べてるときに湧き上がってくる。
 一度、それを感じると口先の甘さや塩辛さよりも、そっちを優先したくなる。

 小食が調子いいってわかっていらい、今の自分にふさわしい食事を求めていろいろ実験してるけど、一時あまりにも減らしすぎたからか異様に立ちくらみがひどくなり、体重も170センチで50キロくらいになったのでちょいと危機感を感じ増やしたりした。

 でも、この玄米生菜食のレシピならこれをベースにしてやれば、大丈夫な気がする。
 立ちくらみも治ったし。(笑)
 
 たまにアレンジして

 140304_1742~01

 こういう感じでアジフライとトマトスープを追加したり・・・

 140317_1820~01
 
 玄米ご飯に卵と鮭フレークをかけたりしたら、超ご馳走に(笑)なったり

 これだと何年でも続けられそう。



 140303_1759~01


 たまにはストイックに晩御飯これだけ↑とか

 いろいろやってみるのが楽しいです。

 体だるい人とか、日中でもボーっとするって人には小食を原則にした玄米生菜食(ローフード、マクロビも)絶対いいと思います♪



 あ、でも酒とタバコは当分やめません!^^
 食事制限、難病の場合をのぞいては無理してやるもんじゃないとおもうので。
 ミキサー活躍ついでに、いよかんとグレープフルーツのミックスジュースつくって、泡盛わったらなかなかうまかった☆



甲田医師の指導で結果的に一日青汁1ぱいで生きるようになったことで有名な森美智代さん↓



スポンサーサイト
私的雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/03/18 20:05
コメント

管理者のみに表示