スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

燃ゆる抜け殻


 炎暑に揺らめく森のなか

 青い葉の上に残された蝉の抜け殻

 つまみあげ覗き込むと

 その両目からはまぶしい光が放たれる

 遥か彼方の日輪が

 空洞の目に宿り 命を与えているのだ

 舞い飛び 鳴き 踊り 咲き誇る

 どんな夏の生命たちよりも 激しく

 動かぬ抜け殻は

 命の根源を映して

 ギラギラと目を光らせている

                 


 2014・8・5   words by haitaka



スポンサーサイト
詩集2(火水の子供たち) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/08/08 00:03
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。