スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

竜族の黒き影


 夜の夢の中で私達の黒き影を見るとき お前は思い出すだろう

 お前達 人間の中に 私達は今も生きている

 山々を揺るがすような体躯を持ち 水中を黒き影となり駆け抜ける

 私達を産んだ無限の生命力(いのち)は 今もお前達のうちに宿り こころを分け合っている

 私達はお前達とともに文明をも生きる お前達が小さな部屋で眠り 硬い皮膜に覆われた大地の上をよろめきながら歩くのを 私達はお前の内の暗がりからじっと息を潜めて見つめるだろう

 そしてお前達の心に原始の火を灯し 生命(いのち)の欲望を呼び起こすのだ

 ビル群の間に解き放たれた始祖鳥たち その群れがお前達の街を遥かに俯瞰して飛びぬける

 哀れな人類よ 兄弟よ お前達は お前達の街と 私達の野性の間に引きさかれている

 お前達は我々を恐るべき竜と呼ぶ
 
 しかし 友よ お前が恐れているものは おまえ自身の生命(いのち)であると知れ

 お前達はなぜか生命(いのち)そのものに恨みでも持つかのように 海洋を汚し 樹木を刈りつくした

 この惑星の生命力(いのち)を弱くしてきた

 そうして狭き箱の中に自らを閉じ込めた お前達は大きな竜が 大きな黒きなにものかが おまえたちの街を破壊するという幻想をとりつかれたかのように繰り返し持つようになった

 哀れなる兄弟よ

 お前達は何を欲しているのか理解していない

 お前達は欲しているものを恐れ また恐れるものを欲す

 欲せざるものを欲するふりをする

 そして欲するものを求める勇気がない

 ありのままの我々を恐れ みずからの生命力(いのち)を殺すのは お前達だけだ 友よ

 お前達の生命(いのち)からの離反が 私達の影への恐れを生んだ 竜なるもの 蛇なるもの 水に潜む大きな魚達への

 私達の目がお前達の中で開くとき お前は緑色の沼地の匂いを懐かしく思い出すだろう

 あのうだるような暑さと湿気 濃厚な大気 原始の惑星が持つ 圧倒的な赤い響きを なつかしく思うだろう

 夜明けの梢がささやくとき お前達はあたたかな寝床で思うのだ なんと遠くまで来てしまったことかと そしてこれからどこへ行くというのかと

 しかし 友よ 私達はいつもお前達とともにいる あの始祖のときの太陽と海は 今もここにあるのだ

 その中で生命力(いのち)のおもむくままに うなり 泳ぎ 喰らい 喰らわれていた生命(いのち)の躍動はお前のうちに宿るのだ 

 我が兄弟であり 友なるものたちよ 私達に帰れ 私達を思い出すのだ

 赤き太陽の元つながる いのちの輪の同士よ



                                                  2015 1 27
 
スポンサーサイト
詩集2(火水の子供たち) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/29 10:33
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。