川苔山(かわのりやま)



  川苔山に登りました。

  川苔山(標高1368m) 東京都西奥多摩郡奥多摩町

  アクセス 地元駅→西武線→拝島→JR→青梅→奥多摩 820円 (新宿からだと1300円ほど)

  6時半くらいには自宅を出発し、午前7時の電車でいざ奥多摩へ。

          150326_0855~01


  まだ眠いにゃー
  
  ガイドブックにはJR奥多摩駅からバスで登山口の川乗橋までとなってるけど、平日は一時間に一本以下なので奥多摩駅から歩くことに。地図上では3,4キロ。3~40分ほどで到着した。

  アスファルトの道だけど、渓谷がきれいで結構飽きずに歩ける。

 上り口には丁寧にお世話されてそうなかわいいお地蔵さんが、一目で気に入る


       150331_0935~01


 川乗橋から歩くこと一時間と少し、百尋の滝に到着。

 150331_1125~01


 まだ3月、そして平日だからからかもしれないけど人が少ない。
 滝まですれ違った人、追い抜いた人ゼロ人。
 しーんとしてるこの感じがないとやっぱり山に来た気がしない。

 滝にも人影はなく、大きな滝に一人で向かい合っていると少し畏れ多いような怖さを感じる。
 秘境感あります。
 頭上からかなりの山の冷気が下りてきて、水しぶきがあがり、足元に波紋が押し寄せる。
 うーん滝つぼのあたりが、暗くて深そうで、なんかーこわいもんですねーやっぱ。
 しばし両手を水に浸して、滝の神様に祈ります。
 イタ気持ちいいじゃなくて、コワ気持ちいい、一人きりの滝です。

 150331_1127~02



 奥多摩の山にはたまーに熊が出るようだ。
 川乗山でも山頂付近で熊に襲われた人がいるという看板。
 現物のくまさんは見てないけど、結構大き目の糞があったので、もしかしたら熊さんのかな。

 奥多摩一帯はたまに目撃されるみたいっす。

 ラジオや鈴など音の出るものの携帯推奨ということですが、僕はたまに手を叩いたり、えへんと咳払いをしたり(気休め)してました

 この日東京は気温24度くらい。
 それでも千メートルを越える山だと山頂は寒いのかと思い、リュックにダウンも入れてきたけど、まったく必要なし。
 逆に着ていたトレーナーが暑くてしまいこみ、荷物が増えた。

 ほんの少しだけ残った残雪。

 
150331_1246~01




 山頂で、運動のあとのおいしいお昼ご飯を堪能したあと、鳩ノ巣駅方面へ下山開始。

 丹沢山に登ったとき、炎天下の水不足に苦しんだ教訓から、今回は500のボトル二本にお茶を用意。

 山頂に着いた時点で一本と三分の一くらい飲んでいた。

 っていうのもガイドブックの地図に山頂近く「水場」ありと書かれており、そこで補給できることを前提ペースでごくごく飲んでいた。そして、水場、という立て札の方に降りていったんだけど、落ち葉がたまった谷のような場所になってるだけで、なんにもない。

 おっかしいなー
 
 お、こういうときこそ五感を研ぎ澄ませるのだ!!と目を閉じて耳を澄ませると、ちょろちょろと水の流れる音がする。

 そちらに歩いていくと、岩の間から水が染み出して流れていた。

 しかし、これはさすがに・・飲むには・・・水場ってこれのこと?

 よーく見ると足元に、パイプが土の中から突き出ていた。あ、多分これだ。でも一滴も水は出ていない。

 ??仕方なく引き返す。

 そっかーガイドブックに「水場」て書かれててもこういうこともあるんだなー。

 登るときもがけ崩れかなんかで道が封鎖されてて、迂回路を歩いたし、事前の情報があてにならないこともあるっていうのが山に登るときの注意点でもあるんだなぁ。まあ、その時々で、判断を試されるということも面白い部分なんだろうけど、下手すればこういう情報の行き違いが命に関わったりすることもあるんだろう。

 森林の匂いや、下では見慣れない青い羽根の蝶が舞っていたり
 ホントにのどかで、気持ちいい山歩き。登山に慣れた人なら、なんてことない山かもしれない。
 でも携帯圏外でコンビ二もない空間ってやっぱりある程度の緊張感が必要なようだ。
 特に、一人で登る場合。

 基本楽しいんだけど、注意力が必要って言うこの感覚、ちょっと癖になるものがありますね。

 くだりは、トレイルランてどんなものかという感覚を感じてみるため、時々走って降りた。
 これも気持ちがいい。
 
 150331_1514~01



 山を降りてすぐの熊野神社。
 いい感じ。
 ありがとうございました♪

 降り口にいたおばあさまが「お疲れ様でした」と声をかけてくれました。
 一月位すると新緑がきれですよという情報をもらい、「また来ます。」というと
 「はいはい、お待ちしております」と。

 うーん・・・山の神様だったのだろうか。
 

 鳩ノ巣駅ホームの裏手はつばきときれいな白い花が咲き乱れ、とてもいい匂いがしていた。

 150331_1540~01

 150331_1543~01


 川乗山、百尋滝、これからの季節いいだろうなー。
 都心からも日帰りで行けるヒーリングトレイルとしてオススメでーす。 

 奥多摩駅到着 8:37 鳩ノ巣駅到着 15:20頃 総歩行時間 7時間くらい 15~6キロ (バス利用すると6時間と少し)

 参考 東京近郊トレッキングガイド 昭文社

         150331_1544~01




スポンサーサイト
私的雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/04/02 23:35
コメント

管理者のみに表示