スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

アヤワスカ体験(2)古のもの

 「シャーマンへの道」の著者マイケル・ハーナーのアヤワスカ体験より。
 アヤワスカを摂取すると、光のビジョンと、滝の音のようなごうごうと轟く音が聞こえてきた。気がつくと周囲で悪魔たちがカーニバルをしていた。その中心には巨大なワニの頭があり、その顎から水がどっと流れ出していた。水はどんどんたまって海となり、ガレー船が彼に近づいてきた。そして・・・





 「私は今まで聞いたことがないような美しい歌声が流れてくるのにも気づいていた。この世のものとも思われぬそのかん高い歌声は、ガレー船上の無数の人々が歌っているのだった。
 デッキに目を凝らすと、アオカケスの頭に人間の胴体をもつ人々が大勢見えた。彼らは古代エジプトの墳墓の壁画に描かれた、鳥頭の神を思わせた。同時に、私の胸からある種のエネルギーのエッセンスが流れ出し、船に向かって漂い始めた。
 神というものを信じてはいなかったが、自分が死ぬであろうこと、また鳥の頭をもつ人々が来たのは、私の魂を船へと持ち去るためであることを完全に確信していた。胸から魂が流れ出ていく一方で、手足が徐々に麻痺していった。」
 
 その後地球での生物の進化を暗示するようなビジョンが展開し始める。太古の地球に、翼竜のような翼と鯨のような胴体をもつ黒い生き物が飛来し、それはハーナーに「われわれは宇宙の何かから逃れてきたのだ」と語りかけた。
 その「古のもの」によると、この地球上の生命は彼らが敵から身を隠すために創造したという・・・

 「その生き物たちは、多種多様な形態をとって敵の目をあざむくため、いかにしてさまざまな生命をつくり出したかを見せてくれた。壮麗な動植物の創造と種形成・・・何億年もかかる行為であるが・・・のさまが、形容しがたい規模と鮮明さをもって繰り広げられた。
 私は、その竜めいた生き物がこのような経緯で、人間を含むすべての生命形態のうちに潜むことを知った。自分たちこそが人類および地球の支配者だ、と彼らは言うのだ。われわれ人間はこうした生き物の容器であり、しもべにすぎなかった。だからこそ、彼らは私自身の内側から語りかけることができたのである。」


 

 ハーナーが遭遇した竜のような生き物は、もろにラブクラフトの小説に出てくるような外宇宙からの知性体、邪神である「古のもの」を連想させる。
 この体験は1956年のことであり、ハーナー氏はこの時点ではDNAコードの存在を知らなかった。のちに「古のもの」の性質がDNAと似ていることに気づいて驚くことになる。

 この体験のコアにあるのは、グノーシス的な世界観である。
 グノーシス的な世界観は、被造物と絶対神の間に、造物主であるいわゆる「デミウルゴス」をたてる。
 このデミウルゴスは絶対神から流出した存在ではるが、自らを絶対的な神であると錯覚しており、人間や動植物を創造する。
 この種の世界観は、人間はルーシュを生産するために「誰か」によってつくられたと考えるロバート・モンローの創造論や、人間は金を採掘するための奴隷として生産されたというゼカリア・シッチンの説にも窺える。
 
 ハーナーはこの体験のことを後日、「地球の支配者を名乗る龍と会った」と現地のシャーマンに話すと、彼は微笑んでこう答えたと言う。
 
 「ああ、彼らはいつもそういうのだ。だが彼らは(外なる暗黒の支配者)にすぎぬ」と。

 これはいったい何を意味しているのだろうか?



Tarbosaurus.jpg

スポンサーサイト
サイケデリクス&ソーマ・ヨガ | コメント(2) | トラックバック(2) | 2007/01/13 11:31
コメント
暗黒の支配者
現象世界は、暗黒面ですから、滅びのある現象世界を支配しても暗黒だというのはよくわかります。
生の世界は世界全体の半分以下ではないでしょうか。生の世界は、ほろびがあるので暗黒世界です。
・・・・と思いました。
そうですね、現象の世界ということかもしれないと思います。

現象世界を創造したのは「ルシファー」と呼ばれた存在であると聴いたことがあります。

「ルシファー」はシュタイナーの哲学によると、進化を司る力でもあるようなので、それがDNAコードの中に潜んでいるというのはつじつまが合う様な気も・・・。 

ただそれだと(外なる)という部分の意味が少し気になるんですよね。。。

湖南さん、今年もブログ読ませていただきます。よろしくお願いしますm(_)m


管理者のみに表示
トラックバック
アオカケスアオカケス''Cyanocitta cristata''は,鳥類の一種。新北区に生息する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
アオカケス名称 = アオカケス画像=画像キャプション = アオカケス ''Cyanocitta cristata''目 = スズメ目 科 = カラス族 (Sibley)|カラス科 属 = 種 = アオカケス ''C. cristata''学名 = ''Cyanocitta cristata''(

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。