スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

02/25のツイートまとめ

haitakadori

 やっぱり、マーヤ、無知、アンリアルを統べるマザーゴッデスの手の中でだまくらかされてると考えた方が自分的には気楽。
02-25 21:04

 神に動かされてるなら「委ねる」という姿勢は意味を持つけど、コース的世界観ではどうなんでしょうかね。聖霊に助けを乞いながら「ひたすら許し続ける」しかないんだろうか。 
02-25 20:57

人に自由意思がないというのはラメッシとかの覚者もいってるがこのコースの教えでは、それをプログラムしてるのは神の意志ではなく分裂した心自体ということになるのでなんか、自由意思がない上、その操縦者は狂人ということでややブルーになる現状認識だ(笑) 
02-25 20:51

これによるとエゴに突き動かされる「エゴの台本」と「聖霊の台本」があり、「エゴの台本」は自動操縦で事前にすべて決まってるらしい。しかし許しに基づいた「聖霊の台本」を選択することで自由になることができるという。
02-25 20:50

『絶対』の意思がこの世界に働いていないということになるだけでなく、この世界は基本的に分離した心の見る悪夢(ゆえに存在しない)という位置づけなので、なんか息詰まる感じがする。奇跡のコースの内容のレッスンでもあるんだけどこれ読んでコースってかなりぶっとんだ宇宙観が根底にあるんだなと
02-25 20:48

『神の使者』ゲイリー・レナード著、半分位読む。すごく面白くて、エキサイティング部分もある反面強く抵抗を感じるところもあり判断に迷う。最近、『わかたれてる』ていう認識についてよく考えていたので参考になる部分も多いんだけど。神がこの宇宙を関知しないとか、宇宙は誤創造だという箇所とかが
02-25 20:29

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/02/26 00:00
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。