今さらですが、EFT






  トラウマの治療として、SE(somatix experience)の記事を以前書きましたが、10年くらい前から結構浸透しているEFT(emotional freedom teqnique)についてはなんとなく知ってるもののあまり興味はありませんでした。

 今回、「人はどうして死にたがるのか」というヘビーなタイトルの本を読んでいたところ、タッピングについて書かれている部分があり、興味を持ったのです。

 この方は自衛隊でずっとカウンセリングをされてきた方で、希死念慮がともなう深刻なうつのケースも多く、経験されてきたようです。
 この本に書かれていたうつのメカニズムの説明「うつは本来生命を守る、怒り・悲しみ・不安などの感情がいっせいに誤作動を起こしている状態」もすごくしっくりくるものでした。




 それだけに、こういう立場の人でさえ、ちょっと著書の中で紹介したくなるEFTには何かあるのではないかと思い、調べてみました。

 EFTのやり方は今ではネットで検索するといくらでも出てくると思いますが、拍子抜けするくらいシンプルなものです。
 苦しい感情、症状などを言語化しながらからだの特定のポイントを中指でとんとんたたき続けるだけです。

 これだけのことで非常に重いトラウマや、からだの症状から解放される人がたくさんいるみたいです。

 ちょっとEFTの2ch掲示板を見てみましたが、なんとなく批判的コメントが多そうな2chでも肯定的見解が多かったのが印象的でした。

 プロのヒプノセラピストの人でも、メインはヒプノでもサブ的にEFTを取り入れている人は多そうです。

 ただ「人はどうして死にたがるのか」には、これが向いてない人もいて、必ずしも万人に有効と言うわけではないので効果がない場合は忘れてくださいと書かれています。でもなんとなくざーっとネットでみた限りでは、実践すればやった人の半数以上はなにかいい影響がありそうなそんなイメージのある療法かなと思いました。

 僕の場合は、気になる感情にフォーカスして、鎖骨したのポイントをもむだけでもかなり感情が動くのを感じました。

 CBSでもEFTにより退役軍人のトラウマが劇的に好転したケースをニュースでとりあげていて驚きました。
 



 ウーピーが、飛行機恐怖症を克服したエピソードもあったりして、、、いやー想像以上にワールドワイドですね、タッピング。
 野球選手までベンチでタッピングって・・・いつのまにこんな世界になってたんだ。こんな光景あること知りませんでしたが。 ツボを叩くだけなので少なくとも血行はよくなるでしょうし、お金もかからないので、やってみても損はない方法ですよね。





スポンサーサイト
セラピー&ヒーリング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/03/21 19:15
コメント

管理者のみに表示