スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

リトリート

 明日から山梨の清里で2泊3日のリトリートに参加してくる。

 リトリートは修道会とはまた違い、すごいらしい。

 が、あまり過剰な期待はせずに、流れに身を委ねて行きたい。

 最近、自分がどういう方向へ導かれてきたかということがつながった。

 キノコやサボテンを食べた時の経験も、セラピーを受けたりすることで学んだことも、I先生の教えの核も、信愛ということを指し示していた。

 すべての経験が、そこに集約されていた。
 僕はバクティヨーガを学んできたのだと思う。
 
 ラリっているとき一人で「そうか!わかったぞ、自分にエネルギーが足りない理由は愛が足りないからだ!」と呟いていた。

 が、その愛とは何か?どうすればいいのかは真剣に考えてなかった。

 それは誰かからもらうものではなく、自分から、自分を越えたものへと差し出すような、捧げるようなそんなエネルギーの流れではなかったかと思う。

 自分を守ろうと、すればするほど、エネルギーは低下していくことがある。人の生命力が完全に開花するのは、大きな命に向かって、そこに自己を捧げている時ではないだろうか。

 と、そんな風に今は思う。

スポンサーサイト
修道会日誌 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/04/12 21:27
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。