リト帰る

 とても濃くて、充実した、二泊三日のセッションだった。

 天気予報は雨だったにも関わらず、清里はずっとほとんど雲ひとつないような晴天。夜には星がすごかった。

 そんな空の下での祝福に満ちた時が過ぎ、東京に帰ってくると空はどんよりと曇っていて、満員電車の息苦しさはいつもどおりだった。

 でもここにも神の恩寵があり、きっとすべてはあるべきように動いている。だからここでの生活で経験することもすべて与えられたものとして、感謝できますように。

 I先生、リトでご一緒させていただいたみなさん、本当にありがとうございます!



スポンサーサイト
修道会日誌 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2007/04/16 20:30
コメント
はいたかさん リンクして戴き有難う。
アホの感染を恐れぬ判断にビツクリ!
私も方法をお勉強してリンクさせて戴きますね。
これからも宜しく。(・▽・)
 富士井さん!とてもとてもお世話になりました。

 パキパキ感と、なつかしい関西ノリで溶け込むのを助けてくださり、ありがとうございます。

 Welcome、感染!またいろいろお話しを伺える日を楽しみにしています。
はいたかさん、リトおつかれさまでした。

東京に入ってから風邪症状が加速化しまして
なかなかシンドイ状態がやってきました。

しかし、恩寵はありますね!

またお会いできるといいですね。ありがとう。
はまさん、こちらこそありがとうございました!

freeliverさんやはまさんのインド話を聴いて、刺激されました。僕もまた行ってみたいです!今度はアルナチャラに・・・・。

怖い人に気をつけて、お仕事がんばってくださいね!

お大事にしてください(^o^



はいたかさん、どうもありがとう。

都内での空き時間を利用して中野の大予言に立ち寄り
ダイジの『素直になる』を購入しました。
リアルな生声もいいですが文章もまたいいものですね。
特にダイジの講話録については忠実に再現されている感じがします

他にも絶版の本を購入したんですが、後でネット検索かけたら
全然安いのがあって、あら~見なきゃよかったかもって。

いつかはアルナチャラ。そのためにも今、チャレンジですね!
 おお~大予言、行かれましたか。
 『素直になる』は僕はリト前になぜか読み返していましたよ。
 読み返すたびに新たな発見があります。

 アルナチャラに向かって日々精進しますです☆

 ふと気がついたらアルナチャラに座ってた・・・なんてことになるといいですね。

管理者のみに表示
« 亀裂 | HOME | リトリート »