スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

The Ballad Of Lucy Jordan

  


  久しぶりに映画を見て涙してしまいました。

  テルマ&ルイーズ(1991年 米 リドリー・ースコット監督)の挿入歌  The Ballad Of Lucy Jordan です。

  こういう本を今読んでるんですが、





  別に映画を書こうとかは思ってないんですが、面白そうで思わず買ってしまいました。

  いろいろな映画とか、映画の観方についても学べそうだと。
  予想にたがわず脚本家ではなくても面白い本です。
  この本の中で秀逸なシナリオとしてたくさんの映画のプロットが紹介されていますが、、、
  
  「チャイナタウン」とか「コールドマウンテン」とか「明日に向かって撃て」とか「マトリクス」とか、残念ながら見たことのない作品が多かったのですが、僕の愛する「ショーシャンクの空に」が入っていたのはうれしくてぞくぞくしました。

 そん中でいくつか見てみたいと思った映画はありましたが、とりあえず引きが強かった「テルマ&ルイーズ」を借りてみてみた。

 この映画はいわゆるロードムービー、旅の途中に起こるイベントが物語となっています。
 旅と言っても、主人公のテルマとルイーズの旅は逃避行です。
 テルマをレイプしそうになった男を、ルイーズが拳銃で撃ってしまう・・・というところから物語は動き出します。
 まあ、二人で逃げるんですね。
 その間にいろいろな出来事を経験し、二人とも今まで知らなかった自分自身を発見していくというような話しです。
 かなり若いブラッドピットが、テルマのアバンチュール相手として登場します。

 最初、テルマがアホで好色すぎてかなりイライラしてきてしまっていたのですが、、、
 一緒に逃げてるんですけど、どっちかというとルイーズのお荷物みたいな感じなんですね。可愛いのはルイーズよりもテルマの方ですが。こんなんと一緒でルイーズかわいそうと思ってしまいます。
 しかし、中盤を過ぎ、いくつもの事件を経験していくうちになんだか能動的なアクションをしていくのがテルマになっていきます。
 その変化に呼応するように、いつのまにか、むちゃくちゃなところも含めテルマ、そしてルイーズというキャラクターが欠点もあるけど愛すべき人間として見れるようになってたのが不思議な感じでした。
 ラストは結構悲しい結末ですが。
 それでもどんよりとした感じは残さない、ある種さわやかな感じで、とてもよい映画体験でした。
 やっぱり、人間、たまにいい映画をみないとダメだと思いました。^^
 
 
 

 エンディングのこちらの曲もよかったです。

PART OF ME PART OF YOU -
  






スポンサーサイト
好きな歌 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/11/14 17:56
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。