FC2ブログ

Radio update 1/30  見えないアースコードについて




 
index

■土地とのつながりとは何か
■土地にはレイヤーがある
■レイヤー1~レイヤー4
■定住とレイヤー2
■旅の神秘性とレイヤー
■東京に来ることになった、人に言えない理由
■人と大地をつなぐコード
■コードのことを考えたきっかけ 沖縄久高島エピソード
■土地との関係性にもはじまりと終わりがある



   以下文書版(若干内容違います)



 人と人との縁も不思議なものだ思うけど、人と土地との縁というのも不思議なものだ。

 時代が進むにつれて、人と土地との結びつきが弱くなっていると言われる。

 でも具体的に言って、土地との結びつきってなんだろうか。  

 確かに現代では部屋に引きこもってアフィリエイトやデイトレードでお金を稼ぎ、食事はコンビニ・ファミレスで済ませることもできてしまう。

 そんな生活をしていると土地との結びつきなんてまったく関係ないような気もしてくるだろう。 

 また東京に住む多くの人が地元で働くのではなく、ベッドタウンから都心に出勤し、電車で人込みにもまれてくたくたになってから家に帰ってくる。
 自分が住んでいるところは、ただ「寝るだけの場所」そういう人だってたくさんいるだろう。

 僕もほんのわずかな間だけど、以前は武蔵野近辺から渋谷やお茶の水、駒込の方に出勤していたこがある。
 僕はものすごく人混みに弱い。
 帰りの電車の中でよく死にたかったことを覚えている。
 今思うとよく通ってたなと思う。

 通勤のストレスが仕事と同じくらいにこたえることもあり、最近は地元付近でしか働いていない。
 遠くまで働きに出ていたころは、地元近辺についてあまり詳しくなかった。
 でも今は仕事で近所をうろうろすることもあり、前よりはだいぶいろんな場所を知るようになった。

 障害を持ってる人は地域社会と結構つながっていることが多い。僕も介護の仕事をすることで、その影響を受けてきたのかもしれない。

 ただやはりそうは言っても、お給料をもらいそのお金で、スーパーで食料を買って生活してる以上、「地域社会」に多少詳しくなっても自分が大地と結びついているという実感はあまりない。

 たぶん土地というものは何層かのレイヤーを持ってると思う。

 レイヤー 1

人間が開発する以前の原初の自然。
気候。 
丘陵や河川、森、土地の自然な起伏。生態系。


   レイヤー 2

 人間が形成している都市、居住空間、商店、公共施設、企業、工場、娯楽施設、交通機関、道路。
 主に社会・経済活動のための空間。
 都市圏に住むほどに、通常認識されるのはこのレイヤーがメインになる。 

 レイヤー3

 その土地の歴史、過去に起こった出来事、伝承・民話。
 土地固有の価値観、信仰。
 過去時間に属するもの。

 レイヤー4

 土地の持つ不可視のエネルギー状態。情報場。
 自然の形態や結界、人の思念の質にって発生するエネルギー。
 固有の神々、精霊、スピリット、地縛霊。
 過去のイベントの残留思念を含むため、レイヤー4と連動する。
 人と土地とをつなぐ見えないコード


 ざっと考えると、以上のような層が想定される。

 通常、はっきりと目に見える形で認識されるのは1と2のみ。

 大都市に住むほどに、どこに駅があるかどういう店があるのかという社会・経済的認識のみがその土地の情報となりがち

 僕の以前住んでた地域には、武蔵野中央公園という大きな公園がある。
 芝生の広場が大きくて、木も多い。
 広場では子供たちが遊び、おもちゃの飛行機を飛ばしてる人もいるし、犬の散歩をしてる人もいる。
 のどかな風景が広がっている。よく芝生に寝転がってぽかんと空を見上げていた。

 公園というのは自然は多いが、人工的にデザインされた部分が多いので、レイヤー2による擬似的なレイヤー1と言えるだろう。

 あとで知ったけど、そこは第二次大戦中は中島飛行機武蔵野製作所があり、戦闘機がつくられていた。
 昭和19秋から空襲があり、200人以上の人が亡くなった。
 そこには地方から働きに来ていた人、年若い学生たちも含まれていた。
 近隣のお寺には犠牲者を供養して平和を誓う慰霊碑が残っている。
 工場は廃墟と化して、のちに公園になった。

 これはレイヤー3の過去情報だ。
 あんなに平和に見える公園で、70年前とはいえそんな惨事があったと知るとやっぱり見方は変わる。 
 
 そのことを知ったあとでも、僕はやっぱりその公園に行くのが好きだったけど、それでもどこかでその情報はこころに何かをささやき続けているようなそんな気がしたものだった。

 

 
スポンサーサイト
Haitaka Radio | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/02/02 22:10
コメント

管理者のみに表示