FC2ブログ

これ多分無理

 去年、歌ってる途中であまりにクラクラするので、なんか心肺機能を鍛えることやんなきゃと思ったことがあった。

 クラクラするのはボイトレの結果呼気の量が増えてるためでもあるみたい。
 吐く息の量が増えたけど、それを支える部分が追い付いていないというか。経験ある人多いみたいだ。

 その結果声もそこそこ大きくなり、響きやすくなった。

 声のデカさだけで言うなら、及第点とボイトレ先生からは言われた。
 多分声量っていうのは、腹式のちゃんとした発声を定期的に練習してれば 誰でも身についていくだろうし、アーティスティックな部分とは直接的には関連してないかもしれないけどうれしかった。

 でもその若干強まった呼吸に自分がついていけてない状態。  

 そこで縄跳びを買ったりとか、いろいろ考えたけど、調べてるとタバタ式トレーニングというのがヒットした。これは、20秒の間に結構ギリのきつい運動をして、10秒くらい休み、また20秒頑張る・・・というのを何セットか繰り返すものらしいです。

 この動画インストラクターのお姉さんも、相当いっぱいいっぱいになってます。
 段々動きが鈍くなってきて、明白に弱っていくのでやや心配になる((((;´・ω・`)))
 最初めっちゃ速いのに、、、いきなり飛ばし過ぎたのか。

 というか、いっぱいいっぱいまでからだを追い込むのがそもそも主目的のエクササイズだから、誰でもこうなるんだろうか。

 静止したプランクはよくやってたけど、こういう走るような動きがあるのはしらなかった。

 今度やってみようと思うけど、できるかな・・・相当疑問。普通に死にそうやけど(゚∀゚)

 ちなみにクラクラは自彊術と、ダンササイズでほぼなくなった気がするから、まーいいかあえてやんなくても(どない?)

 


 ピラティスのお姉さんが結構気に入ってる。
 あ、違う、「ピラティス」が気に入っている(´∀`*;)ゞ

   





スポンサーサイト
私的雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/03/17 19:53
コメント

管理者のみに表示