消えない炎

 神様への愛は本当は消えることはない

 曇り空の日も 雲の上には太陽があるし

 雲の下にも 光がある

 そのように

 あらゆる現象を越えてそれはきっとあり続ける

 死の闇も越えて

 なぜなら
 
 その愛ゆえに僕は生きてるであろうから

 それは僕の心、もしくは魂の本質的な性質だから

 
 暗闇の中に 

 ろうそくが燃えている

 こちら側から見ると闇があるが

 あちらから見るとすべて明るい

 炎の中心に闇はない


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2007/06/15 22:55
コメント

管理者のみに表示