スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

対象のないよろこび

 愛を、よろこびを、笑いを求めるのは人として当然のこと

 それは既にハートの中に内蔵されている

 なにかのきかっけでそれが弾け、火花が散ると

 僕はそれを幸福と呼ぶ

 そして、その火花を求めて外側を探しまわる

 だが対象のない幸福が存在し

 僕はむしろ、それを求めているのではないか

 いつも変わることなく

 愛であり よろこびであり 笑いである自分を発見したがっている
 
 そしてその幸福にはいかなる理由もない

 いかなる理由もないから 流れ出すことができる

 いかなる理由もないから 本当に分かちあうことができる

 春の公園で咲いてた花と
 雨の夜に 閉鎖されたガソリンスタンドの隅で咲いてた
 タンポポの花が

 どちらも 
 同じよろこびであり 同じ笑い声であるように
 
 僕はそんな場所でも笑っている神様に驚いていた




スポンサーサイト
未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2007/07/26 23:32
コメント
対象のないよろこびって、すてきですよねえ。

私は年のせいか、近頃は対象のない涙が出ることが多いです。
対象のない涙が出るって、すてきですねぇ。

私も年のせいか、近頃は対象のない汗が出ます。
あぁ、暑いからか。
対象のない汗が出るって、すてきですねぇ。

対象のないおしっこが出るようになったら、
本当に、お年のせいになってしまいますものねえ(^O^)
そんな涙が流れるんだったら、年をとっていくのもよいですね~。おしっこはできたらちょっとまだ勘弁してほしいですけど(^^;

プールで泳いできたら、対象のない鼻水がたれていることを指摘されました。あ、話しがどんどん下に行く・・・・(笑)

管理者のみに表示
« 金太郎飴 | HOME | なぜ? »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。