スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

御嶽

 誕生日の前に、武蔵御嶽神社の宿坊に泊まって滝行を体験してきました。

 予約をした時は、関東を直撃する台風がこちらに向かっていることも知らず・・・当日宿坊のご主人から電話があり、『滝は無理かもしれないから、キャンセルしてもよいですよ』と確認。う~ん、しかしなぜか、心の中のシグナルはGOサインで点灯。基本的に、暴風雨とかは好きなのである。という訳で一路、御嶽へ。

 着いた時はまだ雨もほとんど降っておらず、山の空気が気持ちよい。

070905_1348~01.jpg


 が、ケーブルカー乗り場のあたりまでくると、突如じゃじゃ振りに。わかっていたこととは言え、うわーな気分。まぁ台風来てるんだから当然です。

 しかし、雨の山も悪くありません、
 外灯に照らされた道を歩いていると、なんとなく「千と千尋の神隠し」的な気分に・・・。

 
070905_1535~01.jpg


 茅葺屋根の家が多い。
 なんか顔に見えますね。こういう生き物みたい。

 070905_1545~01.jpg



 今回駒鳥山荘というところに泊まらせていただきました。
 御嶽の他の宿坊のように、ここもご主人は神官をされています。

 不思議な部屋でした。
 和洋折衷というのだろうか??
 パソコンもあって、インターネット使えます。

  
070905_1553~01.jpg


 外では風雨の勢いが増していくのが感じられます。
 これは無理じゃないですか・・・(^^;

 と思っていると・・コンコン 

 奥さんが、明日早朝の行で使うはちまきとふんどしを持ってきてくれた。雨だといくら大雨でもやるが、風が強いと危険なので様子をみるらしい。結局明日の朝にならないとわからない。

 だんだん気持ちが、こりゃ中止だろうから→中止になってくれに変わっていくのを感じる。

 あ、ふんどしてどうやって締めるんだっけ?
 見ず知らずの人にふんどしの締め方聞くのもアレです。

 そうだ、こういう時のためのインターネット!
 すぐに図解つきでふんどしの締め方がわかりました。  
 なんて便利なんだ(T0T
 
 その夜は、瞑想したり、般若心経を唱えたりして、過ごす。

 きっと無理に違いない、という思いを抱いて眠りに着いた。

 翌朝。
 普通だと5時半起床ですぐ滝に向かうが風雨のため待機状態が続く。
 中止になってくれ、という思いをひとまず忘れ、また読経し流れに身をまかせることに。

 「やりますから、玄関に集合してください!」と奥さんの声。覚悟を決める(--;)

 ずぶぬれになること前提の格好で、裸足にサンダルをはいて出陣!
 今回は、参加者3人と(全員男性)とご主人。
  
 奥さん談「台風に耐えられる人が集まったんですねぇ~」

 山道を30分ほど歩いて行場に到着。
 昨日までは水不足で水量も少なかったらしいが、昨日からの雨でなんとも見事な滝に復活しています。後から聞いたところでは一晩の雨で水量は5倍くらいになったらしい。

 し・死ぬのではないか・・・と初めて思う。

 いよいよ、ふんどし、はちまきで正装してまず準備体操。
 丹田の前で手を組んで激しく動かす、「ふりたま」や鳥船という船をこぐような動きをしながら神様をたたえる歌を歌います。 
 
 朝夕に神の御前(みまえ)にみそぎしてすめらが御代(みよ)に仕えまつらん
 
 次に、「雄叫び」を色々な言葉で上げます。「息吹」という新鮮な空気を丹田に取り入れる深呼吸をおこない、滝へ。

 「エイッ」と二本指で九字を切って滝の中へ。
 ふりたまをしながら祓戸大神(はらえどのおおかみ)の御名を叫び続ける。約10秒ほど。これを3人で3セット繰り返した。

 たたきつけてくる水の勢いと、冷たさで、裏返ったような情けない声しか出ない。でも一度入ると、恐怖心は薄れ、最後はなんとか声も出るように。

 頭が真っ白になりました。

 終了後岩場でもう一度鳥船をおこないながら、ウタを歌っていると何か頭上がぱーっと明るくなっていくような感覚を感じた。一時的に日が差したのかもしれないが、とてもさわやかな気分だった。
 上を見ると、流れ落ちる水と、風に揺れる木々と、ミルク色の空。
 クリアに見える。
 感謝の気持ちが湧いてきた。
 
 また是非行ってみたいと思います。
 大声で神様の歌を歌えるのはとても良いなあと思う。

 
070906_1058~01.jpg


 台風で電車が止まる前に、無事家に帰れました。
 ありがとうございます。



スポンサーサイト
ピルグリム(聖地巡礼) | コメント(5) | トラックバック(0) | 2007/09/13 21:55
コメント
な~んか、楽しそうな滝行ですね。

私もまねして、必要も無いのに「ふんどしの締め方」検索したら、
衝撃の映像に打たれてしまいました。(^^; 頭が真っ白!
お疲れ様でした
日頃の行いがよいから無事帰れたみたいですね。
ネットを使えば大抵の疑問は解消されるので便利な世の中です。
宿坊にあるネット環境というのがいいですね。私もミスマッチを楽しむ人間なのでこーゆーの結構好きです(笑)
>うさ子さん

確かに濃い映像がばんばんでますね(笑)。

ちなみに、ふんどしというと後ろがTバック状の六尺ふんどしのハードなイメージが強いかと思いますが、滝行のときのは越中ふんどしでございます。こちらは簡単に装着できて便利です。ふんどしうんちく。


>イ・ソウロウさん

あの鏡と流し台と、マックPCがミスマッチ度大でした。

今度一緒に滝に打たれようぜ!

やっぱロッテのサポーターにとっては必須だね(笑)気合入るよ。



無事でよかったですね

しかし台風の中で3人も参加者がいてというのも(笑)

色んなことにどんどんチャレンジしてレポートして下さい
>しかし台風の中で3人も参加者がいてというのも(笑)

ありがとうございます。

台風愛好者が意外と多いのでしょうか。お一人は背中一面に立派な彫り物があって、見ているだけで気が引き締まりました(^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。