スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

「アセンション」に実体はあるのか?(5)

 ラスト・バリア~スーフィーの教え~ からの抜粋

 「私が君をせきたてていると思うかもしれない。そして、私がいうことを今は全部理解できないと思うかもしれない。しかし、状況は君が思っているよりも、ずっと緊急を要している。そしていつ再び君に会えるかもわからない。

 さっき君に人類の第二の周期について少し話した。今、私たちは歴史の大きな周期の終わりにいて、次の周期に行こうとしているということはわかっているだろうね。進化は直線や曲線を描いて進んでゆくものではなく、非常にはっきりした循環によって進んでゆく。そのために、地球上での私たちの生活を支配している法則を理解すれば、これから起こることを知ることも可能なのだ。

 今古い周期が終わりに近づくにつれ、ますます多くの知恵が明らかにされつつある。次の周期にそのまま持ちこむためなのだ。私たちが出会い、ここで一緒にすごしたのも、君がコンヤに言ったのも、決して偶然ではない。君に与えられた知恵は、人類の最初の周期が終わる時、持ち続けなければならない。これが何を意味しているか、私も、また他の誰にもわからない。しかし、道を作り出し、新しい世界を建設する者は、神との合一を知った者たちなのだ。
 
 しかし、この新しい世界が実現するまでには、ふたつの対決があると言われる。第一の対決は、知る者と知りたくない者の対立であり、第二の対決は知る者と、これから知らねばならない者の対決である


 「ハミッド、つまり、何かの戦争が起こることになっている、と言うのですか?少なくとも世界の半分は、こうしたことを知りたいとは思っていないと思います」

 「自分の内を見なさい。このふたつの対決はどちらも自分の中で起こるのではないのかね?すべての人と同じように、君の中には知りたくないと思っている部分がある。そして時が来れば、分離をなくして、一つになるために知らねばならない部分もある。

 君の外側にあるように見えるものは、本当は君の内側にあるのだ。外側にあるものは何もない。だから戦いはまず、君自身の存在の中にあるのだ。ますます多くの人がこの対決を体験する時、外側の世界に現象として現れる戦いを私たちは目にすることもあるだろう。戦いがあるとも、ないとも私は言わない。しかし、疑いなく、世界全体はいつか、神への完全なる帰依を悟るに至るだろう。我々一人一人がなすべき選択とは、神にゆだねること、それもただ漠然とした将来のいつかではなく、今、この瞬間に神に降伏することなのだ。そうでなければ、我々はこの選択を行使する特権を許されなくなってしまうだろう。しかし、いずれにしろ、この対決は生じているのだ。

 もし霊的な作業が、まだ間に合ううちに十分に行われれば、重大な災難を避けられるかもしれない。私は裁判官ではない。しかし、人類の第二の周期の始まりは到来しつつある。それと共にキリストの再出現も近づいている。ある人々は、キリストは再び人間の形をとって現れるのだと言い、ある人々はそうではないと言っている。
 しかし、そんなことはどうでもよいことだ。君が知らなければならないことは私たちは合一という形でキリストと出会うということなのだ。
 だからキリストの再来が何であるにせよ、どのうようにして起こるにせよ、それはすべての宗教の根底にあって、私たちすべてを結びつけている内的な知恵によってのみ、もたらされるものなのだ。

 新しい時代は新しい宗教の形成を意味してはいない。それとはまったく別のものなのだ。もはやどんな形の宗教も必要なくなるだろう。そのすべてがなくならなければならないのだ。
 源に到達した時、それでもまだ形が欲しいだろうか?命の水を飲んだあとでも、まだ水を入れるグラスを必要とするだろうか。それは目的を果たしたからこそ、何か新しいものが生まれてくることができるのだ。

 私に言えることは、新しく生まれてくるものは、以前に見たことのあるいかなるものとも、過去のいかなる文明とも、違ったものになるだろう、ということだけだ。私は完全に新しい生活様式のことを話している。そして今、この様式を作り出してゆかねばならないのは、神への合一の知恵を持った人々なのだ。来るべき時代へと生命と秩序を吹き込むのは、真の知恵に基づいて決定を下すことができる人々なのだ。」




スポンサーサイト
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2007/09/15 11:20
コメント
唐突ですがアセンションって、汗とおしっこをミックスしたような響きですね(笑)
確かに。。。
ところで灰たかさん、
求職中から待機中に変化しましたね。
なんかそっちのほうがいいかもしれませんが。
もちろんふんどしで待機中ですよね?(笑)
いや~快適だったので、一瞬マジで購入しようかと思いましたけどe-465
10年ほど前、赤いパンツが健康に良いと流行った頃、
いっその事、褌でと・・・赤い越中褌でまる一年過ごしたことがあります。

ほんと、快適でしたね。
また、始めてみようかなあ。。。
>ザッハさん

快適ですよね~(^^確か少し前小さなブームになり有名デパートでも売ってると聞いた事があります。

褌が駆逐されたのはフリーメーソンの陰謀に違いありませんね(笑)

管理者のみに表示
« 不思議 | HOME | 御嶽 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。