スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

 最近、以前一度個人セッションを受けたことのあるヒーラーがディクシャを始めたので、今週受けに行く予定。

 ディクシャというのは、

 「ディクシャとはインド古代より伝わるエネルギー伝授の手法で、南インドに住むカルキ・バガヴァン(アバター・悟りのマスター)が幼少のころから暖めつづけてきたスピリチュアルなエネルギーを、ディクシャ講師を通して頭頂へ伝授する事です。

 このディクシャを受ける事で物理的に脳が電気的な刺激を受け状態が変わり、努力することなく意識状態が変容します。脳のある部分が不活性化し、ある部分が活性化します。そしてディクシャを受けた一人一人に合うように、脳の状態・身体の状態を変えていきます。

 それによって苦しみからの大きな解放感を得たり、深い安らぎや平和を感じるようになっていきます。また継続的にディクシャを受けることにより、ストレスに強くなり、心身共により好ましい状況、状態になっていきます。

 人によっては心理的、肉体的に浄化が始まり好転反応の出る方もいますが、全く変化を感じない人もいます。しかし脳と深いレベルでは確実に変化が起こっています。その結果「苦しみからの解放」へとプロセスが進み、「悟りへのプロセス」がスタートしていきます。」


 と、いうものらしい(そのヒーラーの方のHPより丸ごと転載)。

 インドのグルマイや、ライフスペースとかで有名になった、「シャクティパット」とはどう違うんだろうと思う。

 でもディクシャというのは今、急速にひろがっているようで、今後この業界でかなりメジャーなものになるかもしれない。

 バガヴァンという人物のことは、スターピープル誌の記事で初めて知った。
 でも、この人がどういうレベルで悟っているのかは知らない。

 面白かったら、またここに結果を書こうと思う。 




 クリスマスプレゼントに、ドリーン・バーチューの女神のカードをもらった。ラクシュミや、カーリーや、観音菩薩や、聖母マリアや、グノーシスの女神や、いろんな伝統の女性の神がごちゃまぜにワンセットのカードになっていて、それぞれが固有のメッセージを持っている。
 絵が綺麗。時々、オラクルをもらうために一枚ひいてみる。

 Q:今後どのようなことを学び、また始めればいいのか?

 という問いをたてると、

 CORDELIA、というケルトの妖精の女神のカードがでた。

 「室内にこもりすぎています。外へ出て新鮮な空気を吸いましょう

 だってよ・・・・。他にも

 「自然のなかで時を過ごす、もっと自然とつながりのある仕事に変る、環境問題に関わる」というのがカードの意味らしい。

 昔、ある人に「アニミズム的な感性が強く、自然の中にあなたの生活の糧になるものがある」といわれたことを思い出した。
 と同時に、一日中活字と向き合う以前のような編集の仕事とかはもう戻りたくないと感じていたことに気づいた。

 うーん・・・実務的な英語やPCのスキルを時間給アップのために身につけようかと思っていたのだが。まーそれはそれでやればいいのかもしれないけど。内なるビジョン、というのはやはり必要なわけで、それが生かせるかどうかはまた別問題だ。しかし、まずはビジョンを自覚することには大きな意味がある。
 こういうカードとかタロットは、内なるビジョンをはっきりさせてくれる。




 ライブドアのニュースをやってると、ついつい見てしまう。

 手のひらを返したようなマスコミのリアクションが非常に気持ち悪い。
 
 堀江さんが悪いことをしたから、捕まった・・・。とかいう単純なことではなくいろんな利害がからんだ気持ち悪い空気。

 電車の中で、地検が動いたちゅうことは裏でヤクザがからんどるなーとでかい声で喋っていた人がいた。部下の自殺、も本当に自殺かどうか・・・。

 まあ、どうみても裏にはなんかあるよね。変だもん。





 
















スポンサーサイト
セラピー&ヒーリング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2006/01/29 21:09
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。