スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

松尾大社と蚕の社

 京都に帰省したついでに、松尾大社と蚕の社(木の嶋神社)に出かけた。

 この二社はどちらも「秦氏」ゆかりの神社。蚕の社には日本でここにしかないという三柱の鳥居がある。

 P1070050.jpg

P1070056.jpg


 松尾大社は亀さんがいっぱいだ。その昔神の使いの亀が現われたという伝説のためらしい。

 P1070062.jpg


 P1070065.jpg


 こちら蚕の社。僕が行った時は境内にはほとんど誰もおらず、ひっそり。
 1300年以上昔からあるという、京都でも最古の社のひとつらしい。

P1070069.jpg


P1070071.jpg


 問題の三柱の鳥居。実は原始キリスト教徒である景教徒がひそかに来日しており、彼らが造ったものだという説も。P1070066.jpg


 昨年の終わり頃から、日本に残された古代ユダヤの痕跡に興味が出てきて、そのつながりでこの二社に行ってみた。
 秦氏は平安京建設の裏で大きな役割を果たしてきたと言われる一族であるが、その正体には謎が多いようだ。
 学会では「秦氏」は朝鮮半島から移住してきた渡来民族であるというのが定説となっており、「秦氏」がユダヤ人だと言うとほとんどトンデモ説として一蹴されかねない。
 が、秦氏の内部に一部ユダヤ人が混ざっていたという可能性もある。
 
 実は、この二社が初詣と言うわけでもなかった。
 元旦には吉祥寺の八幡神社に行ったし、京都に帰省した翌日には母親が車でたまたま山の中にある小さな八幡様に連れて行ってくれた。
 まあ、稲荷神社と八幡神社は全国どこにでも見られるので、そんなに珍しいことでもないのかもしれないが、そもそも全国の八幡神社の大元は宇佐八幡宮で、それを建立したのはやはり秦氏だということを後で知った。。。

 P1080072.jpg


 こちら、我が家の守護神クロ君。ネットデビュー!!
 若い頃は近所のボス猫だったようだが、最近はご隠居化が激しい。
 口臭も激しいが、かわいい。

スポンサーサイト
ピルグリム(聖地巡礼) | コメント(4) | トラックバック(0) | 2008/01/10 12:01
コメント
おかえりなさい
はいたかさん、ここしばらく更新がないと思ったら京都に帰省されてたのですね。
どこにも行かなかった私も、神社に初詣だけは行ってみました。
神社に足を運ぶことは何かを祈願するのが目的というのが普通なんだと思いますが神社の歴史や御祭神についてなどに関心もって調べてみると色々あって驚くようなこともありますね。

クロ君、なかなか眼光するどいですね。
きれいな亀ですね
亀の口からお水が出てるのって、初めてみました。
龍宮城に連れてってくれるでしょうか。
股がってみたくなりませんでしたか?

私は昨日、宇佐神宮で亀のキーホルダー買いました。
宇佐神宮の地は、亀山って言ってたらしいです。

クロ君カワイイ~。
仮面つけてるみたいな配色ですね。
月光仮面思い出しました(笑)
>ばーてぃみあすさん

ただいまです☆そうですね、そもそも全国にこんなに社があるということが、普段見慣れて当たり前になってるけど、実は異様な光景なんだろうなと思いますね。

>うさ子さん

亀の甲羅に触ったらご利益があるそうなので、一応触っておきましたw。

宇佐神宮にかれたんですね!驚きました。
ここも亀に関する由緒があるのでしょうか。
秦氏は亀マニアだったのでしょうかv-394

月光仮面は正義の味方ですが、クロ君は黒幕の膝の上で「ぎゃーっ」とか言ってるのが似合いそうな感じです。でもかわいいのです。





↑ ↑ ↑ はいたかさんのコメントよネ!
宇佐神宮で枯れました! 驚きました~w。

年明けから、オオボケかましてますね~(笑)

管理者のみに表示
« タイトルなし | HOME | 金色 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。