個人セッション

 I先生の個人セッションに行ってきた。

 近々インドに旅行する予定なので、おすすめのスポットなども尋ねた。

 ヒッピーの聖地と言われたゴアのことが話題に出て、それをきっかけに話しはドラッグの方へ。一度は質問してみたいテーマであった。

 まず、ガンジャについては、「アルコールやガンジャは神の認識をくもらせる」ということであった。

 どちらかと言えば、LSDやキノコ、サボテンなど摂取すると眠れなくなる系のものの方が悟りの体験と近いところにいく。キノコやサボテンにはある種の精霊が宿っており、それが人が気付きを得るのを助けてくれるのを感じるということ。カスタネダの世界。

 しかし、I先生はLSDによる変成意識と悟りの経験を双方持っている訳だがそれを比較するとやはり違うという。
 原則としてドラッグによって悟りは起こらない。
 悟りとはヴェールが取り去られることだが、ドラッグによってはそれは起こらない。その状態を体験している「私」というものが残る。そして、なにか超越的な経験をしたとしても薬効が薄れるに連れて体験も消えていく。これは結局、ドラッグでは「私の正体を見破る」ということは出来ないということだろうか。

 「瞑想による飛び方がこれくらいだとすると、ドラッグを使うとそれは確かにもっともっと意識は変る。でも意識が変ることが重要ではなくて、問題はわかることだ」と先生は言った。

 かといって、ドラッグなどによる変成意識が無駄ということではない。
 それは、「自分を壊していく」のに役に立つ。
 サイケデリクスを使用すると、日常の自我が一時的に解体したり不安定になって、自分がいなくなったように思えたり、別の人格と入れ替わったような状態を経験することがある。
 そのような経験を数回繰り返していると、この通常の意識は仮に構築されたものであるということが実感としてわかる。
 またLSDなどを使用したセラピーも現在は法的な問題で封印されているが、大きな可能性を秘めているはずである。
 つまり、サイケデリクスはうまく使用すれば、「自分を壊す」≒人格の変容ということについては大変効果的なものであると思う。

 若い頃に、きついLでトリップして24時間もとに戻らず大変だった話しとかを聞いて親近感を感じる(笑)

 続いて瞑想について。
 眠い時は、瞑想するチャンスだと思ったほうがいいと言われた。

 「普通人間は考えが止まると眠ってしまうけれど、その時に眠らないと瞑想が起こるんだ。」

 僕は最近、瞑想する時にあまりにも眠い時は座るとすぐに、妄想と夢の中間のような無意味なイメージが展開しはじめるので、眠い時は、瞑想しないですぐに寝ることにしていたのだが・・・

 それを言うと、無意味なイメージの世界を自覚できるということは瞑想できているということなので、それでよいんだという答えだった。
 通常、意識は眠りに落ちると自覚を失う。だが、夢が始まったのを自覚できるということは、意識がより微細な領域(アストラル)でも活動できるようになってるからだということ。それを続けていくことが大事だと言われた。

 「覚醒っていうのは、むしろ眠りに近いんですか?」

 「覚醒っていうのにね。いやほんとは(目覚めでも眠りでも)どっちでもないんだよ。」

 ちなみに、まるで実際に見ているようにクリアに浮かぶビジョンはエーテル界の(俗に言う「気」の世界)もので、アストラルのものはもう少しぼんやりしているらしい。



スポンサーサイト
師匠との対話 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2006/02/27 23:07
コメント

管理者のみに表示