スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

 今年の1月終わり、浅川嘉富さんの講演会に出たとき、『北京オリンピックが無事に開かれることはないだろう』というような話しが出ていた。
 そのあとすぐに冷凍餃子に殺虫剤のメタミドホス(だっけ?)が混入される事件が起こり、チベット自治区でのぶつかりあい、そしてそれによって世界中で中国の聖火リレーに反感がつのり、また今回の四川省の大地震と、今年は中国がらみのトラブルが多すぎる。 
 この中のいくつかは、意図的なものである可能性が高いのではないかと思う。
 米国と、米国の中枢部の人たちは、根本的にアジアがまとまることを極度に嫌っているようだ。
 「分割して統治せよ」というような言葉もあるように、中国で反日感情を煽ったり、必要もないのに靖国に参拝して亀裂を深めることによって利益を得るのは黒幕さんたちである。(←ここらへんはMr.Koshimizuお得意の論より)餃子もあやしい。

 浅川さんは、久高島の祈りの人である比嘉良丸氏からの情報などにより北京オリンピックが非常にあやういという予測をたてたのかもしれない。
 あと二ヶ月。 
 現時点で中止になる公算は低いかもしれないが、予定通り催されたとしても、もうすでに『無事に行われた』とは言えない状況に入ってるような気がしないでもない。

 中国の真の姿を垣間見せた「四川省大地震」





 先のエントリー記事で紹介した、コルマン・インデックスによると現在は第8サイクルのNight5にあたる。
 Nightは現象面の変化は比較的穏やかになり、次のDAYの時期に起こる激しい変化の種がまかれる時期とされている。Night5は2007年の11月18日より始まり、今年の11月12日まで続くとされている。

 このサイクルに関して、少し気になったシンクロ。

 相方が時々トーク会に参加している、姫乃宮亜美さんという人がいる。
 「聖母意識」に目覚めた人とされ、僕も2回ほど誘われて、参加したことがある。
 天から降り注がれるエネルギーが年々高波動になって行っているということなのだが、
 このエネルギーが一旦落ち着いて、グラウディングの時期に入ったのがやはり去年の11月だということらしい。これはコルマン・インデックスのサイクルと一緒だったので少し驚いた。
 もっともこれがいつまたパワーオンになるか(あるいはもうなっているのか)ということについての亜美さんの意見は知らない。
 コルマンによれば今年の11月以降がDAY6となり、変動の激しい時期に入ることになっているが。

 それはどのような変化か?
 第8サイクルは精神性が目覚め始まると同時に、物質的価値観が急速に崩壊していく時代でもある。これは個人の内面と、世界情勢において同時に進行する。現在の世界のシステムを様々な面から牛耳り、影響力を行使しているのは米国(と米国を経営する人たち)だ。ゆえに変化の波動は米国のシステムをもろに直撃する可能性が高いと言われる。
 それにより、『マトリクス』に大きなひびが入る。

  上にリンクを貼った浅川さんの記事の中にも今年の年末以降、アメリカで自然災害や事故が多発する可能性が語られている。やはりDAY6が始まる時期だ。
 こういうシンクロが多いこともあり、コルマンが編み出したサイクル論にはなにか深いものがあるような気がしている。

 エネルぎーが強くなってくるに連れて、風邪のような症状がいつまでも続いたりすることもあるようだ。僕はここ3,4年、気候の変わり方やからだへの影響に、明らかにおかしなものを感じはじめている。風邪のシーズンでもないのに、微熱を出して数日寝込むというようなことが頻繁にあった。
 あと、突然脱力感に襲われて、力が入らなくなることもよくあった。 
 これらはエネルギーの変化に伴う一種の好転反応だったのだろうか??

 そもそも、エネルギーどうこう以前に、気候の変動が激しくなっている為に、普通に生きてるだけで今まで以上の体力を消費しているような気がする。
 なかなかついていくのが大変だ^^;
 
 単に年のせいでないことを祈るw


スポンサーサイト
アセンション考 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/05/21 18:32
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。