スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

  緊迫化する<世界金融パニック>

 ついに来るべきものが来たようです。米国金融大手であるリーマンブラザーズの株価
が昨日(9月11日)だけで40パーセント以上も下落、ついに株価が一時は3ドル台に下
げてしまったのです。つまり「リーマンブラザーズ倒産」も、時間の問題だと見られて
います。
 このリーマンに投資していた世界に著名な投資家ジョージ・ソロスも、100億円も
の損失を出してしまったと世界中で話題になりました。リーマンブラザーズは郵政民営
化後に、資金運用のアドバイザーに選任されています。
 リーマンが倒産すると、おそらく郵貯の投資数兆円~数十兆円は戻って来ない可能性
があります。米国当局は事実上は倒産しているリーマンブラザーズの救済策として、バ
ンク・オブ・アメリカに買収させようと水面下で工作しているようです。いずれにして
も残された時間は、もうほとんどありません





先週終末、有名な某フォトン系メルマがに上のような記事があったが、今日になり破綻のニュース。

米証券大手リーマン、破産法適用申請へ=政府支援なく救済交渉決裂-金融界に動揺

以下時々チェックしてるマイミクさんの日記



リーマンブラザースの経営破たんは、世界恐慌の核となります。

22日、日本の公社債市場で、赤字借換国債の金利上昇が起これば日銀は破綻します。

資産の、海外移動はお早めに。あれこれ言っている暇はもうありません。

どうか、自分の事は決して人任せにせず、自分で納得する方法を選んでくださいませ。




 僕は経済については全く無知なので、上のコピペは個人的メモくらいの意味。
 不安をあおっている訳ではない。
 ただ『日月神示』やその他の予言には、立て壊し・建て直しのシナリオ、その際に起こる可能性の強い出来事は総て書かれている。世の中の動きがそれをなぞっているように僕には見える。
 米の金融破綻というのも、その建て壊しの一部だ。
 金融をコントロールする『彼ら』は、長年アメリカを主要な宿主としてきたが、今もうアメリカを見捨てようとしている。多分、今後アメリカ経済が果てしなく崩壊していっても、それは計画の一部だろう。 
 
 9/11以降なんか騒がしく感じるけど、気のせいかな。

 約100年ぶりの一月以上の無黒点期間、それが9・11に一瞬だけ現われ、その後地震、ロシアでは旅客機墜落、そして今回の米大手証券会社の破綻。昨日は羽田で原因不明のシステムトラブルがあった。
 なんか飛行機が気になる・・・・。よく堕ちるな。
 大阪八尾市で8月19日に小型飛行機が国道に堕ちるという事件があったけど・・・これがそういう飛行機トラブル系シンクロネットの雛形的役割りをしているように思える。←ほぼ妄想。 

 大阪の国道に軽飛行機墜落 機長とカメラマンが軽傷
 
米国金融大手であるリーマンブラザーズの株価が昨日(9月11日)だけで40パーセント以上も下落、

 この日にゃなんかやらかさないと気がすまないのか??
スポンサーサイト
テレビが写さない真実~金融マトリクスからの覚醒 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2008/09/15 19:43
コメント
冒頭の郵貯の投資ってあの「ますますくん」で宣伝している投信のことですかね?私も元郵政の人間でありながら詳しくは分からないのですが、リスクの少ない商品で運用してると聞きましたが、その「低リスク」にリーマンも含まれていたのでしょうか?
いずれにせよこれからの時代、「絶対安心・安全」はないってことですね。米もどんな米食わされてるかわかったものじゃないしw

あと入れなかった謎が解けましたwありがとうございます。
ソウロウさん、入れてよかった。名前のせいじゃなかったのかな??

原文、ここからのコピペです。

http://archive.mag2.com/0000101181/index.html

一番安心はお百姓さんになることだと本気で思いますv-389農家の親戚や知人がいたら仲良くしておいたほうがいいかもしれないですね。まあ、そこまで大変になるかはまだわからんけど。高知は土地が多いからいいよね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。