今年のクロップサークル

 2008年 5月

 Avebury2.jpg

 6月

 P7047461tt1.jpg

 7月

AveburyManor2bbs.jpg

Martinselletc06A1.jpg

 8月

eastfield2008ab.jpg

MilkHill8SteveAlex.jpg

 サークルメーカーは、7~8月の夏場に活動が激しい。
 
 上のは数字の8、もしくはメビウスの輪に見える。

 ふたつの円がつながっていて、そのつなぎ目に「ここ注目!」というような図形がある。

 ふたつの円のうち、上の円ではひとつの円を構成する多くの円から矢印のようなものが内側に向かって突き出している。

 それが、新しい円に入ると矢印の向きは、外向きになっている。

 この図形全体が、サイクルの変わり目をあらわしているように思われるのだが・・・・。
 
 そして200「8」年は、そのような年である可能性が高いのではないかと思う。もう内向きの円は終わった。あとはあらゆるシステムの根本的な転換を伴う大規模な、現象化が始まる・・・かも。

 その他の今年のサークルについてご覧になりたい方はこちら

 最近、アブダクションケースを扱ったホイットリーストリーバーの『コミュニオン』を読んだが、その中に著者と同じく、どうやら「彼ら」とコンタクトを持った息子と「俳句」について話す印象深いシーンがあった。




 ・・・その日の午後、息子はストランドの古本屋で、俳句の本を買った。『蛍の網』という題名の本である。わたしは、自分が祖母といっしょにくらしていた二十歳のとき同じ本を買い、そこから大きな喜びと安らぎを得たことを黙っていた。息子は、ふたりでそれぞれ一句づつ俳句を読もうとせがんだ。最初はわたしの番だった。

 凍てし宙震わせ桃の開きけり

 息子はにっこりして言った。「こんな少ない言葉に、ほんとうにたくさんのイメージがこめられてるんだね」次は息子が読む番だ。

 古井戸のくらきに落ちる椿かな

 そのあとで、息子は言った。「ぱぱ、ね、ぼくたちは俳句と、そのきれいな言葉がみんな好きでしょう。あの痩せた連中のことだけど、あいつらも俳句みたいなんだ。中身は俳句なんだ

 その夜、父は長いこと息子と一緒にいて、息子の息づく命にひっそり潜むやもしれぬ霊的交感(コミュニオン)の静かな炎に思いをはせた。




 著者が交流したのはいわゆるグレイタイプの存在だったが、この息子の言葉は、「彼ら」には見かけよりもずっと多くの意味が含まれてると言いたかったのだろうか。
 著者はやがて彼らが、3つの点を使って三角を描いたシンボルをよく使用していることから、この地球上の様々な伝統にも多く見られる「3」の謎について考察するが、これも「彼ら」という俳句を読み解く作業の一つかもしれない。

 同じようにクロップサークルも、巨大な『俳句』なのだろう。
 
この種の図形は、意識的なこころで理解せずとも、僕らの無意識の精神がその意味を察知するためにある一定の効果を及ぼす。

 なんだかわからないが、おぉーと思うのは、そういう無意識の感じるショックからも来ている。


 それはグルジェフの言う「客観芸術」の部類に入る。
 例えば、+(十字)や陰陽を描いた太極図(5月のサークルはそれをアレンジしている)、ペンタゴンや、ヘキサゴンも広義では客観芸術の一部であると思われる。

 その特徴の一つは、常に重層的な意味を持っているということだ。
 図形や象徴は、常に多元的な現実を表現することが出来る。
 それゆえに、現在使われている言葉よりも、より根源的な「コトバ」なのだ。 


 そして図形や象徴は、数字によって簡略化される。
 数字を図形として展開することも出来る。
 ピタゴラスが、宇宙は数字であると言い、日月神示にも「天人の言葉は数字と図形(○と+)である」と記されているのはそのような理由によると考えられる。カタカムナ文字も○と+を使用した図形的な構造をしている。 

 根源的な「コトバ」には多元的な意味が含まれており、
 無意識はその隠された多重的な意味を感知するがゆえに、ショックを受ける。

 しかし、サークルメーカーは、人間が意識的な心でこれを解明することは必ずしも期待していないのではないだろうか。彼らが狙うのは、客観芸術が多次元的であるが故に、僕らの無意識が感じるショックであるような気がする。そのショックが人の集合無意識を底上げすることだ。


スポンサーサイト
アセンション考 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2008/09/27 12:08
コメント
実際、youtubeでミステリーサークルの制作過程見た時はちょっと感心した。
こんなものが人間の手でつくれるんだなぁって
そうですか・・・感心出来る体験を持たれてよかったですね~。
人間が作ったものの中にも、高次元の存在に「作らされていた」ものもあるかもしれませんね。
ミステリーサークルに関して、10年くらい前にネットで拾った面白い情報があるので、ちょっと長いですが貼っておきます。シリウスのアウルという存在からのメッセージだそうです。

「ミステリーサークルは文字でも意味的メッセージでもない。それを見ることによりあなたたちは今後40年の地球の次元シフトに備えて自己変革をなすであろう。~中略~
銀河系でかつてなかった実験が地球で行われようとしている。それは何ものにも依存しない個人の自立した進化だ。いずれあなたたち個人や集団のあらゆる崇拝の対象はなくなるであろう。あなたたちがあなた自身以外の何者をも必要としないまでに高め、そして低めるために我々はあなたたちを見守ってきた。あなたたちが恐れるあらゆる嫌悪と苦痛の対象のなかに、物質がなぜ作られたかの秘密がある。すべての力はあなたたちの恐れを利用して封印されているのだ。あなたたちが恐怖と嫌悪を避けることなく地獄征服のゲームとして扱えるようになったとき、あなたたちは物質に対する完全な支配力を手に入れるだろう。
だから、あなたたちは高いものも低いものも同時に進化させねばならない。
そして地球の人々はみずからが望んでこの宇宙の実験区域である地球に生まれたのであり、あなたたちはこの宇宙で最も新しい計画に関わっているのだということを思い出しなさい。」
しらさん、コメントありがとうございます!シリウスからのメッセージ、興味深く読みました。ありがとうございます。アメリカ経済にはまた激震が走ってますが、なんか何が起こっても不思議じゃない雰囲気が濃厚になって来ましたね。

リアル「未知との遭遇」が起こりそうだという噂も笑えなくなった今日この頃です

クロップサークルはイイですよねえ。

初めてパソコンを手にしたときから、
そのホームページはお気に入りにいれてます。

2,3ヶ月に一度そのページを開けては、堪能してます。
時折、人か?と思えるのもありますが、
画面の光ってる(?)のは、見ごたえがありますね。

「無意識が感じるショック」・・・ですか。。。
なるほど、そのショック好きです。
ザッハさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

>画面の光ってる(?)のは、見ごたえがありますね。

一昔、真贋論争がありましたけど、すごいのはどう考えても人間技とは思えないですね。中には人間ぽい発想のがあって、そういうのは地球産かもしれないですが、質が違うような感じがします。

あまり「ショック」を感じないというか・・・なんか輪郭がきたないんですよね(笑)

EOの幾何学図形を思い出します。
あれはいいのか、なんなのか僕には理解不能でしたけど。
好きな図形もあったのですが、逝っちゃっい過ぎてて付いていけない感がありましたw

管理者のみに表示