スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

なまけものの癒し方

  一応、セラピー&ヒーリングというカテゴリーを作っていますが、たいして充実していないので少しこのカテゴリーについて書いてみようと思います。(なぜか最近敬語w)

自分を消し去ってしまいたいと激しく思い詰めることが多かった時期、精神世界系のセラピーに救いを求めたのですが、その時にまず言われたのが

  そのままでいいじゃん。

 ということだった訳です。

 そのままで良いって言っても、実際に苦しい訳だし、そのままでいたくないからこうして来てるんですけど~とちょっと腑に落ちなかったりもしたのですが、その言葉の意味は今でも薄れることなく、深みを増していっています。

 そして、その言葉が語るものは、I先生の教えとも、悟りの世界ともつながって行きます。
 だからそのままでOKというのは、多層的ななかなかすごい言葉なのです。

 人が心の癒しを求めるときに欲しいのは、愛です。(そうではないでしょうか?)
 そして、愛というのは何かと言うと、結局
 そのままでいいじゃん、そのままの君ですごく愛されてるんだよ
 ということだと思うのです。

 こういうすごいところがあるから愛されるとか、人に優しいから愛されるとか、頼りにされるとか、好かれるとか、一目置かれるとか、そういうことではなくて、今のままのあなたでとても愛されていますよ、ということだと思います。

 だからつまり、癒しは愛であり、癒しの言葉は、「そのままでいいじゃん」ということなのです。

 「そのままでいい」ってそんなこと言ってたら、進歩が止まっちまうじゃないか、人間目標を定めて努力するもんだよという人もいるかもしれません。(僕の頭もそう言います)

 でも「そのままでいい」という状態が力を産み出し、そこから変化していくことが出来るのだと僕は思います。どんな状態でもそれを一端受け入れ、愛することで力が出てきます。

 もちろん、人は否定することで変化を起こそうとする場合もあります。
 
 こんな自分は大嫌いだけど、努力してああいう理想の人間になりたいと思ったり、
 こんな暮らしはうんざりだから、努力してもっといい生活を手に入れようと思うのは一見ごくごく自然なことにも思えます。

 否定性を原動力に頑張って、努力し、それで状況は変わるかもしれませんが、変わった状況の中で、その人は本当に自分を愛し、又与えられた環境に満足し、感謝することができるのでしょうか? 

 もしそれができなければ、あまり幸せな状態とは思えません。
 そして人は自分をジャッジする物差しで、他者をもジャッジしてしまいます。 

 結局いつかその課題に戻らなければならないのです。

 それは そのままでいいですか?いやですか?
      自分が好きですか?嫌いですか? ということです。

 どんなに物理的な環境が変わっても、時間と空間を越えてその問いはいつも存在しているのではないでしょうか。だったら今この環境の中で、今のままの自分で、降り注がれている愛にこころを開いて見た方がよいのではないでしょうか?

 セラピーを受け始めた頃に『なまけものの悟り方』という本に出会いました。
 この本はとても大事なことを教えてくれました。
 今でも折に触れて読み返していますが、最近素晴らしいなと思ったのは次の一文です。

 「もし、私が己の知識を愛しているのよりも、あなたが自分の無知を愛していれば、あなたは私よりも高いレベルにいます

 あなたがどれくらい自分自身を愛しているか、外側から判断する術はありません。

 なぜなら、私はあなたを自分の限られたバイブレーションを通してしか、見ることができないからです。その意味では、私がみているものは、私自身なのです


 自分欠点や何もかも含めて深く受け入れて愛しんでいれば、その方が安らぎに満ちているということです。

 僕はあるヒーラーのところに、二三回通ったことがあるのですが、三回目くらいに

 「だいぶ顔色がよくなってきたね。最初は死神みたいな顔してたのにね(どんな顔??w)」

 と言われたことがあります。
 長年ヒーラーをやって来て自分のすることにも自信を持ってる方だったので、自分のやり方が効いてきているはずだという実感があったのかもしれません。
 その時僕は「いやーあなたが思ってるほど僕はひどい状態じゃないですよ」と思っていました。
もっと言えば「俺のこと、わかっちゃないね」と思えたのです。
 自分の力で、どんどんクライアントを良くしてやるというような意気込みは感じたのですが、その一方僕の実在は置き去りにされているような気がしたものです。 
 それでも「いやーあなたが思ってるほど僕はひどい状態じゃないですよ」と思えたのは、『そのままでいいじゃん』が効いていたのかもしれません。もしそれがなければ、もう二度と死神にはなりたくないので、もしかするとずっとそこに通ってたかもしれないからですw

 そんなこともあって、一番最初に

 そのままでいいじゃん

 と言ってくれるセラピストや、『なまけものの悟り方』に出会えたことは幸運だったと思います。

スポンサーサイト
セラピー&ヒーリング | コメント(0) | トラックバック(0) | 2008/10/22 21:40
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。