スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

3月のエネルギー変化、江ノ島

 3月27日夜追加

 昨日、新月と太陽活動の活発化(高速風)が重なるかなと思い、③を書いたが、それにしてはいつも感じる高速風感がなく、まあ穏やかだな~と日中思っていたのだが、宇宙天気情報を見ると、予測されていた高速風はまだ来ず、現在は速度を落としているということだった。ということで、普通の新月となった。
 昨夜はあったんだけどな、高速風感。あーこれだよ、これみたいな(笑)
 時期がずれて来るかもしれないそうです。  
 


 3月はエネルギーが不安定になった時期が3箇所ほどあった。

  ①3月11日の満月前後から、3月13日の太陽活動がやや活発になった時期。

  ②3月20日、春分以降

   この日に起こったこと:深夜 尼崎難波センター市場火災
                 未明  群馬老人ホーム火災
                午前6時 トンガ沖で地震 M7.9
                 トンガタプ島で海底火山噴火
                午前8時半 愛知で震度2
                午後4時前 釧路で震度3

  旧吉田茂邸全焼
  成田 貨物機炎上 など続く  


   kazan.jpg
   海底火山噴火の様子

    
  ③3月25~27日あたり 3月27日→新月
                  3月26日 太陽風480キロまで速度上昇
                        Bクラスのフレア発生
                        小規模のオーロラ

 太陽活動と新月がかぶれば、どういう影響が出るのかは知らないが若干気になるところ。
 偶然だと思うが、今月は満月と新月の時期にちょうど太陽活動がやや活発になっている。
 春分の地震と火災は意味不明。
 吉田茂は麻生首相の祖父で、この場所は戦後政治・外交の舞台ともなったということで、これが全焼するのは、なにやら象徴的。
 それにしてもやはり今年は火災が多い。
 
 ②と③はほとんど切れ目ないのでセットかもしれない。
 3月20日から、次の満月までは高エネルギー状態が続くとどこかで読んだ。

 ただ、あくまで僕の感じ方と、天体の動きを参考にしてなかば備忘録的に書いているので、ご了承ください。こういう時期は、一概にいいとも悪いとも言えず、なにかの力の場が一時的にアンバランスな状態になっているのだと思う。ポジティブに考えれば、力のバランスが壊れるということは変化が起こるということだが、バランスを崩しすぎると困ったことにもなり得る。
 そういう意味で、『絶対に安全な』変化などはありえない。(と僕は思う)
 
  以上の内容とあまり関係ない(と思うけど)けど、春分の翌日江ノ島に行って来た。
 江ノ島らーめんがうまうまだった

 090321_1542~02

                               090321_1657~01

 090321_1808~01

 江ノ島縁起を見ると、天から降りてきた弁才天がその土地で悪さをしていた五頭龍(ごずりゅう)を改心させたということになっている。これは何か、箱根九頭龍神社の話と似ている。こっちは弁財天では
ないけど、偉いお坊さんがやはり土地の悪い龍を改心させたということになっている。

 京都の実家の近くにも九頭龍神社があるのだが、こっちは弁財天が祭られていて、弁才天は「宇宙の母」的なことが書かれていた。マーですね。
 龍と女神のつながりがここでもうかがえる。

スポンサーサイト
アセンション考 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2009/03/26 21:42
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。