ルーミーの言葉

 もしかの聖なる霊が

 帳をあけて立ち現れれば、

 人の子の理知も、すべて

 粗雑な形骸と見えるであろうに。

                        『ルーミー語録』23

 このような人の自我は 神の中に消融している。
 その境地は神以外の何者も入れる余地がない。
 別のものなど考えるだけでもったいない。
 別のものが入り込んでくる場所がどこにあろう。
 自我が完全に消融してなんにもないからこそ
 神がその場所を占めたもうのであってみれば。
 「神ならで住む人もいないこの家に」というわけだ。


                           『ルーミー語録』23

 一般に、すべて願望とか嗜好とか愛情とか同情とかいうものは、その対象が父母であれ、友人であれ、天地自然であれ、庭園、邸宅であれ、学問であれ、食べ物、飲み物であれ、いずれも同様である。すべて人は究極的には神への欲望を抱いているものであって、今列挙したようなものはどれも神をかくす幕張となる。                         
                                 『ルーミー語録』8


 そうだ。神を思い続けることによって、そなたの内面は少しづつ、少しづつ
 光に照らし出されていく。そして、それにつれて、少しづつ、
 この世への執着から離れていく。
 たとえば、鳥が大空に飛び上がろうとする。
 たとえ本当に大空までは到達できないにしても、とにかく
 一瞬、また一瞬と地上から遠くなり、他の鳥どもより高く昇る。


                             『ルーミー語録』45


 <<ジャラール・ディン・ムハンマド・ルーミー>>

 イラン ホラーサン地方バルフの都、当時のイスラーム文化の中心地に生まれる。シリア留学中師と出会い、神の愛の完全な像を見出す。後にトルコのアナトリヤ地方の町コンヤでスーフィーの長老(シャイフ)となる。ルシャッド・フィールドの名作「ラストバリア」は、このルーミーを巡る愛の物語でもある。


スポンサーサイト
神様 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2009/06/11 20:11
コメント
エハン・デラヴィさんが、ルーミーの詩を絶賛していて、今度調べて読んでみようと思っていたところだったんです。タイムリーな記事をどうもありがとうございます。
>pundarikaさん

こんにちは!こちらこそコメントありがとうございます。

そう言えばエハンさんの本(五次元への超扉とかそんなタイトル?)で、ルーミーが引用されていましたね。アヤワスカや、ルーミーに注目するエハンさんのセンス、結構好きです。

この記事は「ミトラ神学」国書刊行会出版 から引用です。
「ラストバリア」角川書店 にも各章の扉にルーミーの言葉が書かれていま~す。例えば・・

 すべては神の息吹の中にある
 夜明けの中に、その日一日のすべてが
 あるように


 「おお、神よ」と一言祈れば、
 「私はここにいいる」という言葉が
 何千回もこだまする


 誰もかも、我々の仲間として
 やっておいで
 さすらい人も
 師を求める人も
 世捨て人でさえもかまわないから
 我々の仲間は絶望しないものの集いだ
 今まで千回もちかいを破った人も
 やってくるがよい
 さあ、何度でも、もどっておいで

                       ルーミー
 
そうそう、エハンさん監督の映画でもルーミーの詩が取り上げられていたんですよ。きれいな詩ですね。
突然失礼いたします
はいたかさん、初めまして。大変不躾なのは承知しているのですが、お願いがあり、コメントを残させていただいております。私の尊敬している人が常に目につく所に飾ってある言葉が、このルーミーの言葉です。この方は日本語は多少わかりますが、英語圏の人間なので、このルーミーの言葉も英語です。今度この方のお誕生日のお祝いに、ぜひ日本語訳文を綺麗に飾ってプレゼントしようと思っています。ただ私の拙い訳では役不足なため、もしはいたかさんがきちんとした訳をご存知でしたら、と、わらをもつかむ思いでご連絡差し上げております。英語文は以下の通りです。

"The mystery does not get clearer by repeating the question, nor is it bought with going to amazing places.
Until you've kept your eyes and your wanting still for fifty years, you don't begin to cross over from confusion."

Jalaluddin Rumi

誠に不躾なお願い、本当に申し訳ありません。もしご存知でしたら、ご教示いただければ幸いに存じます。よろしくお願いいたします。
No title
YOKO様

ご質問受け、手持ちのルーミーに関する本をあたってみたのですが、この詩の訳に該当する邦訳詩がちょっと見つかりませんでした。お役にたてませんで・・・。でもとてもよい詩ですね。

ありがとうございました
はいたか様、
お忙しいところお時間をいただき、誠にありがとうございました。いえいえ、何とかがんばってみます!本当にありがとうございました。

管理者のみに表示