ダリアと、カード百花繚乱、『マウイ』

     公園の皇帝ダリア

  091126_1227~01

              091126_1228~01

 真っ青な空を背景に、風に揺れてるのが美しかった。

 たまにアドバイスを求めて、カードを引くことがある。
 ドリーン・バーチュのカードと、和尚の禅タロットを良く使う。
 タロットカードを勉強しようかと思い、クローリーの「トースタロット」を買ったこともあったけど、続かなかった。
 その点、ドリーンのカードのようなタイプは勉強しなくていいので簡単に気軽に引けるし、結構そのときに適切なアドバイスが出る率高いように思う。
 
和尚の禅タロット、ドリーンの「GODESS GUIDANCE」と、「ASCENDED MASTERS」(これ、略してマスターカードとか呼ぶと違う意味になるので困る)

 今回は三つ全部使ってみる(*≧∀≦)
 なんか共通の要素が出るかどうか実験。

   おりゃ!おりゃ!おりゃ!と引きまくる結果↓
 
     091124_2207~01

 ①一番上のカード→Mother Mary (Expect a miracle 奇蹟がやってきます)

 ほう、奇蹟と・な。-∀-)化♪
 なかなか景気がいいが、このカードには微妙な記憶が(゚∀゚ ;)タラー

 今年の8月、箱根の旅行に行く前に引いたカードがこれだった。
 そして現地で不安発作に襲われ、これがしつこーく相当期間尾を引いて続いた。
 I先生に相談に行ったときに、マーヤ的手段を使って状態を見てもらった時、

 「悪くないから、なにかいいことが起こってることの一側面じゃないかな」ということだった。

 そう言えば、夏にこのカードをひいたあとも、うとうとしてると「おめでとう~おめでとう~」と言う言葉が脳裏をよぎり、「何がおめでたいんだろうゥ──σ(・´ω・`;)──ン」と自問自答。

 まさか箱根の居酒屋で、ちゃんこ鍋を前にして、パニック状態になることが奇蹟とは思いもよらず・・・。このまま気が狂うのかと思った。
 結果的には、それがきっかけでいい方向になにか変化しているのかもしれないけど、またこれが出ると、おいおい、ちょっとちょっと~・゚・(。>д<。)・゚・という気分に若干なる。

 宝くじあたるとか、財布拾うとかそっち系の奇蹟にしてくれんかのお・・・・。
 あ、ごめんなさい神様(-人-) 南無南無・・

 ②中段左→Ice-olation(アイスオレーション)

 Isolation(孤立)をもじったもの。氷の中に閉じ込められた顔が泣いている。
 痛みを押し込めすぎたために、硬くなって凍りつくこと。
 涙が(悲しみを受け入れ、表現する)、氷を溶かす。 

 このカードの解説についてる和尚の言葉:

   私たちが惨めなのはあまりにも自己に入り込みすぎているからだ。あまりにも自己に入り込みすぎていると言うとき、それはどういう意味だろう?
 そして私たちがあまりにも自己に入り込みすぎていると、正確にはなにが起こるのだろう?

 あなたがたは存在の中にいることが出来るか、あるいは自己の中にいることができるか、そのどちらかだ。 同時に両方はありえない。

 自己の中にいるということは、離れている、わかれているということだ。
 自己の中にいることは、島になるということだ。
 自己の中にいることは、自分のまわりに境界線をひくことだ。
 自己の中にいることは「これは私」と「あれは私でない」を区別することだ。

 「私」と「私でない」の定義、境界、それが自己とは何かだ。
 自己は孤立(アイソレート)する。そして、それはあなたを凍りつかせる。
 あなたはもはや流れていない。もし流れていたら、自己は存在することは出来ない。人々がほとんどアイスキューブのようになっているのはそのためだ。彼らには温かみがまるでない。愛がまったくない。愛は暖かみであり、彼らは愛を恐れている。
 もし暖かみが訪れたら、彼らは溶け出し、境界は消えてしまうだろう。
 愛の中で境界は消える。喜びの中でも境界は消える。喜びは冷たくはないからだ。


 ③中段中→Slowing Down(スローイングダウン)

 あなたには今、これまで自分や他の人たちに抱いてきた期待をすべて手放し、これまでずっと抱いて来たに違いない幻想の責任を取る用意が出来ています。まさに今、自分とは誰なのかという、その豊かさのうちに一休みする以外なにもする必要はありません。たとえ欲望や期待や夢が色あせて消えていっても、そのほうがずっといいのです。それらが消えていくことによって、静けさ、そして、そこにあるものを受け入れるという、新しい質のための場所がつくられます。

 ④中段右→Moment to moment(瞬間から瞬間へ)

 このカードは、別の場所と別のときにこころを奪われている状態から離れて、今ここで起こっていることに油断せずにいてごらん、と私たちを促しています。
 自分の判断、好み、そしてこまごまとした長期計画への執着をすべて落としたら、生はその中で遊ぶことの出来る大海です。自分の道に現れるものに対して開いていましょう。来るに任せて。そして、つまづいたり転んだりしても、心配することはありません。自分を起き上がらせ、ほこりを払い、思い切り笑って、進み続けましょう。


 ③と④は、明らかに似ている。
 どちらも自分の頭で考えた計画や、思い込みというものから自由になって、現在に生きると言うことを示しているように思われる。③は静的で、④は動的だけど、どちらも内的な性質を持っている。

 この③と④が「アイスオレーション」をより溶かすというヒントかもしれない。
 とするならば、「アイスオレーション」は、自分の感情のみならず、思い込みや、自分の判断、好みなどによってもアイソレート(孤立)するということを示しているのだろうか?

 でも正直、7~10月は内部のなんかが死んでく感が強かった。
 でもなんかが死んで楽になった気もする。
 なんかって何か具体的に言うのは難しいけど。

 そして⑤一番下は→Hina Freedom(自由)

 このカードはあなたの魂がもっと自由が欲しいと泣き叫んでいることをあらわしています。なぜならそれはあなたの人生の目的に関わっているからです。もしかすると休息をとるときかもしれません。そうすればあなたは、目の前にある選択についてはっきりと考えることが出来ます。宇宙は常に、発展や創造や自由を求める欲求をサポートします。あなたが自由を選択してイエスと言えば、宇宙はあなたに対してイエスと言ってくれるでしょう。

 なんつーかドリーンのカードはわかりやすのだが、ちょっとアメリカンでニューエイジ色が濃いと言うか、和尚の方がやっぱり瞑想的な部分も包含しているという感じだけど、ちょっとだけ面白いことがあった。このHinaはハワイ、ポリネシアの月の女神ということだけど、この日の夜にまさにハワイに行ってる夢を見た。そこまでベタな影響で夢見たりあんまりしないのだが。
 
 でーそれがハワイ島というよりも「マウイ」という言葉が頭に残っていたのだが、今朝近所を歩いていると紐で縛って捨ててある本になぜか注意がひきつけられ、見てみると一番上にマウイ島のガイドブックがあった。

 おもわず紐を緩めてもらって来ちまったよ
 ふぉーっふぉっふぉっΨ(+Φ∀Φ)Ψィヒヒ
 若干、大丈夫か俺?と思ったが。

 ・・・また円高進行中やしね(´-ω-`)
 よし、ワイハ~行っちゃる(●-`ω-)b ZO!(←とりあえずノリだけの発言っすw)

  こいつも幻想かも。゚(●'ω'o)゚。


   
スポンサーサイト
私的雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2009/11/26 19:20
コメント
お久しぶりです!!!
はいたかさん!!!レヒーナで繋がった國友悠一朗です。

久しぶりにブログを覗きました。らマウイというキーワード!!!

実は聖山ハレアカラの中腹に家があるんです!!!
マウイは第2の故郷。母はそこで休養してインスピレーションを受けています。

是非遊びにいらして下さい!!!

マウイの聖地、カフナとの交流。様々にご案内出来ますよ。

これも神様のご縁でしょう。
いつもこころに太陽を!!!
國友悠一朗
>國友悠一朗さん

おひさしぶりです!!驚きのコメントありがとうございます(*≧∀≦)

マウイが第二の故郷でいらっしゃったんですね!ハレアカラの星空とサンセットの写真を見て、感動していました。お誘いありがとうございます♪☆(人゚∀゚*)☆♪
お母様がマウイで休養されているんですか・・。
マウイ島自体が女の人の上半身みたいで、女神の性質が強いのかと思ったりしていました。

諸条件が許せば来年にでも是非マウイ詣でに行かせていただきたいです☆

『レヒーナ』を知ったのはブログ読者さんからのコメントがきっかけでしたが、これはいよいよ読んでみなくては・・・と思ってしまいました。よさこいの高知にも住んでいたことですし、いろんなつながりに不思議な想いです。

また計画が具体的になればブログでお知らせさせていただきます。マウイのことよかったらご教授ください。
國友さんのご連絡先が度重なるPCクラッシュで消えてしまったのですが、お手数でなければまたお教えいただけますでしょうか。こちらはyahooのメールをよくチェックしています。

 hxaxixtxaxkxa@yahoo.co.jp

 神様のお許しあれば、マウイで是非お会いしたいです(@^▽^@)

管理者のみに表示