スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

生命の贈り物

 相方が最近セッションを受けたヒーラーお勧めの、『生命の贈り物』という祈りの本。

 先日立ち寄った本屋さんで見かけ、手にとって見ると、とてもきれいな絵と、そしてこれは・・・またまた△と▽のの融合としての6ぼう星??

 

100103_1725~01

 この六角形って宇宙の原初の幾何学らしい。
 I先生はお母さんが(あらゆる存在のルーツ)この六角形にのって宇宙をびゅーんと飛んでるビジョンを見たと言ってた気が。
 僕は最近、これを「亀」とも呼んでいる。
 カメの甲羅に似てるからっすエヘヘ(*´・∀・`*)ゞ

 亀って、昔の人の宇宙観みたいので、一番下で世界を支えてるけど。。。

 あと・・スティーブンキングの「IT」という小説で絶対悪と対決する子供たちを助けるのって、「亀」なんだよな~。ほとんど何の説明もなく「カメ」が出てくるからあれは不思議だったな。


100106_2344~01


 ↑フラワーオブライフもやっぱ接弦するポイントを結べば六角形になるしな~。


                    100103_1725~02

100103_1725~03

 



 マリアであり、イエスであり、ガブリエルであるものって??

 この祈りは徹頭徹尾「許し」がテーマと言ってもよく、ホ・オポノポノとかととても通じるところがある。

 うーん、今年はこういうので浄化せよということかな・・・。 

 なんか本から伝わってくる存在感がすごい気がする。


 《光のまなざし》

 ハワード・ウィルズ氏によってもたらされた
 「生命の祈り」が日本で翻訳され
 富士山を望む山中湖の大内邸で披露された日のことでした。

 突然、ワークの合間にベランダで見たものの
 「美」と「意味」が胸に飛び込んできました。

 さまざまな形の六角形の結晶体が
 ほとばしるようなエネルギーの流れの中にあり
 光であり、愛であり、繊細で暖かく
 いつも祝福をもって見守ってくれる存在たち。
 『曼荼羅』であり『マカバ』であると
 その姿をかいま見た人々に語り継がれてきた
 大いなる存在たち

 その六角形のまばゆい結晶体は
 人の姿に細長く広がりながら目の前に降りて来ました。

 『イエスであり マリアであり、ガブリエルであるもの』
 光の存在はそう告げました

 あらかじめ失われた男性性と女性性との
 完全な合一、めくるめく悦び
 この世の森羅万象は、あまねく光に満ちた
 ひとつのいのちであること

 祝福に満ちたまなざしが すべての命の上に
 いつも注がれていること
 「意味」が暖かく胸に流れ込んできました
 『生命の贈り物』冒頭より


 そいつはすごい。
 いっちょやってみっか ━━(`・д・´)ノ━━!!

 



スポンサーサイト
セラピー&ヒーリング | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/01/06 23:32
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
おめでとうございます~ワ─イ♪└┤*´∀`*├┘ワ─イ♪
亀は何か知ってそうですよね。(笑)
先日動物園に言った時、動かないゾウガメに視点が釘付けになってしまいました。大きくてあんま動かない動物っていいですね。

今年もよろしくお願いします(●'∀'人)ネ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。