ALIVE


               
                      ALIVE(生存者はプライドを持って立ち尽くすことを君に要求する)

 鳥がけたたましい夜だ
 真夜中のプールサイドは
 実に、果実と惑星でいっぱいだ

 俺は生き残ったぞ
 お前が聴いた事もないような
 異常な犯罪から

 南のほうで火山が火を噴いたぞ
 北のほうで放射能が人に血を吐かせたぞ

 太陽と海はまだ
 過去を飲み干し続けているぞ

 真夜中のプールサイドだ
 酒だ
 樹だ
 あらゆる色のドレスが舞う
 残酷な生者の祭典

 光だ

 用件はいい知らせだ
 もしお前が胸にはめ込まれた
 コバルトの球体を持っているなら
 お前は不死だ

 お前はお前がはめ込まれた
 時空の中で永遠に生きる

 さあ、それがわかればお前は今日も
 億年と光年の観客に見つめられた
 誇り高き俳優のように
 交差点の中央で真っ直ぐに立ち
 夜空を見上げられるはずだ

 やがて星たちが踊りだすまで

 お前には聴こえるか?
 俺の聴く栄光の音楽が
 
 プラチナのオブジェがきしる音と
 光る水しぶきの悲鳴が          
                                    1998




              82040261000905845.jpg



スポンサーサイト
| コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/01/28 22:14
コメント
ナイス!
2013年のA.Rimbaudですね~
nice!
Re: ナイス!
 
 koike.varis様、いつもありがとうございます♪└┤*´∀`*├┘♪

>宇宙は「あなた」しかいないという認識の鏡転換が、<愛>の秘密かもしれませんね

 愛は、すべてが自分という認識に依るのでしょうか。

 この詩は知覚することは宇宙を創造することではないかというぼんやりした感覚を書いて見ました。

 どうも昔から終末観が強いみたいですが(笑)
 とりあえず2011年をまじめにサバイヴしたいと思います! 



管理者のみに表示