KAMIの言葉

 木の葉の形
 鳥のさえずり
 土の匂い

 頬を吹き抜ける風

 人間が互いの神の言葉を
 槍や剣にして
 戦を始めるずっと前からあったもの

 貝殻の螺旋の向こうを
 周遊する魚影

 絶え間ない波の音の中
 日に輝く白い砂

 何が真実なのかわからない時
 彼らの言葉を聴けばいい
 彼らの言葉だけを

 何も強いず
 何も語らない
 限りなく優しい言葉

 何も飾らない
 限りなく美しい歌

 いのちの言葉
 KAMIの言葉
 
 真実を指し示すものではなく
 真実そのものとしての言葉

 それは あるべき姿のままで
 宇宙の心を映し出す
 あなたの瞳

 あなたの瞳は誘っている
 
 言葉が生まれる前の世界へ
 行こうよ

 私たちがKAMIの言葉であった頃へ、と

 

               100405_1825_01.jpg





 
スポンサーサイト
詩集2(火水の子供たち) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/08/16 18:50
コメント

管理者のみに表示