右側の世界

 利き耳と、右耳から光の瞑想

 手には左利き、右利きがある。
 同じように耳にも利き耳というのがあるらしく、トマティスでは、言葉や音楽に関して利き耳が右である方が有利だと考えるようだ。
 右耳は左脳に、左耳は右脳に連結されていて、利き耳が右だと直接言語をつかさどる左脳に入っていくので無駄が少ないと言う。それはわかるのだが、音楽と言うことなら右脳に入っていった方がいいのでは・・・??と思うのだが、これもなぜ右耳が利き耳の方がよいのかまだよくわからない。

 幼い子は電話などをする時、自然と右手で受話器を持ち、右耳に持って行くことが多いそうだが、大きくなるにつれて右手でメモをとる習慣などから受話器は左で持ち、つまり左耳で聴くようになる(左耳が利き耳となる)という。

 他にも右回路の優位性ということが、トマティスの本に書かれていたが、これを読んで思い出したことがある。
 一昨年くらいの修道会で、セッションの終わりごろ、I先生が「右耳から光が出ているのをイメージして瞑想するといいよ」と言っていた。

 それはどういう効果があるのか、なんのためにやるのかよくわからなかったのでほとんどやっていない(言うこと聴かない弟子だ(;^ω^)うまくイメージできなかったってのもある)けど、右耳から光が出ているのをイメージしたら右側が活性化するかもしれないと思った。加えてそれが目でも手でもなく「耳」であるというのがどうも気になった。

 あとそう言えば頭の右側は「神々の世界」と関係があるというのも聞いたことがあった。
 唯一の神(これはやはり頭頂か?)ではなく、二元性の世界においての善良な神々の世界と対応するのが頭の右側であるということらしい。ただI先生にとってはそこはとても気持ちがよいけど、先生自身がフォーカスすべきなのは唯一の神であると言っていた。

 しかし右耳、光とかで検索してもそういう瞑想法とかヒットしないし、いったいどこソースのものなんだろうかと不思議である。
 
 トマティスの本に載ってたこの図も面白い。
 絵画による心理テストで、被験者がどこに絵を描くかによって心理状態を判断する。

     100624_1719_01.jpg



  交差の謎

 こう考えると、体の右側=善、左側=悪という図式が出来てしまいそうだが、ことはそう単純でもない。

 というのは体の左側を支配しているのは、右脳でもあるからだ。
 逆に体の右側は左脳に支配されている。
 体の右側を善なるものとするなら、右側の右脳により支配される左側もよきものでなければつじつまが合わない。

 視神経も交差し、右目は左脳と、左目は右脳と連結している。
 僕の感覚では、左目の方がより女性的でソフトな印象をしていることが多い気がする。

 なんの本か忘れたが、霊的に変化するプロセスにある人の場合、左右の顔が著しくアンバランスと言うか非対称になるというのをどっかで読んだのを覚えている。
 和尚なんかはやはり左側は女性的な側面であると言い、左側を賛美していたようだ。

 

スポンサーサイト
知覚、リアリティetc | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/06/24 17:41
コメント
No title
こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。
ブログ楽しく拝見させていただいております。わたしもいつかI先生のお話を聞いてみたいと思いながら遠方につきなかなか踏み切れずにいます。

右耳から光が出るという瞑想はもしかしたらチベットの聖者ミラレパと関係があるかもしれませんね。ミラレパの瞑想のポーズは右耳に手を添える独特のスタイルだったと記憶しています。

はいたかさんの関心の範囲はけっこう自分と共通するものがあって勉強になります。これからも楽しみにしています!
No title
>R・T・S様

はじめまして(*・ω・)*_ _))ペコリン
いつも読んでいただき、ありがとうございます☆
ミラレパの耳に手を当てるポーズは知りませんでした!
I先生はチベットで密教の修行をしていたので、そっちから来てる可能性はあると思います。また質問してみたいです。

>これからも楽しみにしています!

ありがとうございます。励みになります♪早くも暑さにバテ気味で最近あんまり書いてませんがが、これ以上更新頻度が減らないように頑張ります~。


管理者のみに表示