今日で7月も終わり。
 なんかほとんど熱さ(暑さより、こっちの字が適切)でへばってたような気がして、日記を読み返しても朦朧とした記述が多い(笑)。ここ2,3日は少し涼しい時間帯も多く、若干正気を取り戻したようにも思うが・・・。

 しかし、こう暑いとホントにもう地球壊れかけ?的な方向に頭が働いてしまうことも多々あり。

 ロシアで気温が40度近くまで上がったり、またパキスタンの降水量が少ないエリアで過去最大の洪水が起こったりという地上の異常気象だけではなく、

 地球のまわりの上層部である、熱圏の崩壊 というニュースもNASAから流れたりして、病的な妄想の材料には事欠かない。

 うーんあんまし太陽に当たらん方がいいのかも(;´・ω・)
 

 こういうニュースのコレクションは心身によくないので程々にしようと思う。

 しかしアセンション頭になることも承知の上で、(UFO宇宙人アセンション)真実への完全ガイド という本も買ってしまった。
 でも結構面白かった。書いてあることも、ほぼ、あ~そうなってるんだろうなと思うことが多かった。

 アセンションは起こりますけど、地球が全部変容するまで3000年くらいはかかりますと言い切ってしまうところが逆に好感が持てた。急進的アセンション論者が多い中でのこの発言は逆に光って見える(笑)

 まあ、急激な波動の上昇は数年以内に起こりますとか、そういうことは言ってるわけだけど、2012年に地球が5次元になるとか言い切る人が多すぎることに辟易していただけに・・。

 最近ものを断定的に言い切る人物に対して、非常な反発を覚えることが多く、いっそのこと完全な不可知論者になろうかと思うくらいである。ものごとを断定することでその枠の中に自分がとらわれるということはあんまり利口ではない様に思う。

 この本に登場するペトル・ホボット氏と言う人物にしても相当な超能力者であるにも関わらず、未来のことはすべて可能性に過ぎず(アセンションも含め)どうなるか確実なことは言えない、と言ってることにほっとさせられる。

 人間としてもっとも素直であろうとするなら、誰でもそういうべきはずなのだが、、、
 
 枠に入るより、枠をはずすって事が難しい・・・・

 機嫌よくいること
 できたら人のことも 地球のことも祈れるくらいに、笑って見ること 歌うこと 感謝すること
 そういうことが大事ってことくらいしか 信じたくない昨今。

 7月20日頃、熱さに耐えかねて、御嶽山の宿坊に一泊しにゆくことにした。
 3年前滝行でお世話になり、昨年は初日の出を見た時に泊まった駒鳥山荘さんへ。
 地上は35、6度あったけど、ケーブルで上まで行くととても涼しくびっくり。
 100メートル上がると気温は0,6度くらい下がるらしいから、御嶽は標高900メートル超なので30度切ってたんだと思う。
 
 週末だけど泊り客は僕と、もうひとり女性がいただけでとても静かでよかった。
 うちと同じで宿の部屋にエアコンはない・・・扇風機がひとつあるだけで・・・でもそれさえつけなくていいくらい夜になると涼しい。
 都会の喧騒と熱気を離れたことにホッとして、暗くなっても電気をつけずに静けさを味わっていた。
 夕焼けに映えた雲の向こうに、満月近い月がかかって・・・
 その下に幾重にも重なる山並みが見えて・・・幻想的。 
  

    100723_1905_02.jpg

 月が明るいので、ひたすら静けさとともに座っていて飽きなかった。
 よし今夜は、ネットもテレビもなしで瞑想とかするぞ~~。
 
 ・・・・と思ったが気が付けば目の前にこんなものが。。。

     100723_2113~01

 そして「うーむ、このストーリーでここまで見させるとは やっぱトトロってすげーなー」とか言いながらテレビの前に座っていた。

 Σ(;゚ω゚)ハッ!!

 なんでこうなったんだ・・・カタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタ

 そうだ・・・思い返せば夜の9時ごろに闇に包まれた神社に散歩に行こうと思い、でかけたのだ・・・

 神社の前ではもう10月の神楽の舞台が組まれていて、その前の広場には廃材の焚き火が勢い良く燃えていた。
 東京の街の方を見下ろすと雲がかかり、音のない稲妻が何度も光っていた・・・
 静かに燃える炎と、音のない稲光が不思議な雰囲気を出しており、しばらく眺めていた。

 そして宿に帰ると・・・玄関の冷蔵庫に冷えたビールが何本も並んでいた。
 これも思わず何か神秘を感じそちらに引き寄せられてじっと見ていると、それに気付いたご主人が

 「なんですか?」と

 「あ、いや、ビール・・・」

 「ビール、どれがいいですか」

 「あ、エーと、スーパードライで。・・・あの、なんかおつまみありますか?」

 「おつまみねーあんまりおいてないんですよ。乾き物しかないけど。」

 と言ってポテトチップをお皿に持ってきてくれた。
 乾き物というからてっきりスルメかなんかかと思ったが、そうか一応ポテトチップスも乾き物なのか?
 僕は左手にコップをかぶったビンビール、右手にポテチの皿を持ち、しあわせな気持ちで部屋に帰ったのだった・・・。

 うーんしょうがない。残りはビールと、トトロで夜を過ごそう( ・∀・)

 トトロに出てくるような自然の精霊が、いっぱいいてもおかしくないような場所でこのアニメを見るってのもいい。翌日は汗だくになりながら御嶽神社奥の院まで行き(コースが異様に厳しい)、歩いて山を降りJR御嶽まで行ったのでもう、涼しかった記憶は完全に飛んで、筋肉痛になったが御嶽にパワーをもらい、喝を入れられたような気がした。

 駒鳥は素泊まりだと5000円くらいで泊まれてよい。
 二食プラス宿泊代込みで一万円で、滝行体験できます☆ 

 なぜか行き帰り、借りてからあんま聴いてなかったマイケルジャクソンベストを聴いてたらハマった。
やっぱマイケルジャクソンて天才だったんすか?

 お気に入り↓

 smooth criminal



 なんだかんだ言って、これは『イマジン』級の名曲か。

 Heal the world



http://www.youtube.com/watch?v=sZftrElZxuY




 うーん普通の日記(笑)




スポンサーサイト
私的雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/07/31 21:35
コメント

管理者のみに表示